【副作用あり】WEEEDクリアジェルピーリングは効果なし?

こんにちは。KENです!

今回は『WEEEDクリアジェル』を取り上げます。

今までのケミカルピーリングとは違い、角質を溶かすことなく肌の汚れを洗い落すことができるため、『WEEEDクリアジェル』は敏感肌の方でも安心して使用できます。

このジェルは肌に含まれるアミノ酸に反応し、古い角質や汚れを浮かせます。

汚れが浮いた状態で肌をマッサージすることで角質や汚れを絡めとることができるため、肌への負担が最小限で済むというわけです。

しかし、ここまで聞いたあなたはこんな疑問を抱いているかもしれません。

「本当に効果なんてあるの?」

「危険な副作用があったりして…」

あなたの気持ちが本気であればあるほど、これらの疑問は当然です。

果たして、『WEEEDクリアジェル』は試す価値があるのでしょうか?

今回は、肌への負担を最小限に抑える『WEEEDクリアジェル』について調べてみました!

▼WEEEDクリアジェル 公式サイト▼



効果なし?WEEEDクリアジェルピーリングの口コミは0件!

早速、『WEEEDクリアジェル』の口コミを調査してみましたが、現在の時点では主要サイトにレビューは掲載されていませんでした。
(2018年10月17日13:55現在)

口コミの調査結果がこちらです。

5ch(2ch)

@cosome

Amazon

Yahoo!知恵袋

教えて!goo

これらの結果からも分かるように、『WEEDクリアジェル』に関する体験談は確認されていません。

この事実を知ったあなたはこんな風に思ったかもしれません。

「口コミがないってことは効果がないんじゃ…」

確かに、口コミがないと不安になる方は多くいます。

しかし、「口コミ:0件」=「効果ない」「質が悪い」という考えは完全に間違いです。

なぜなら、「口コミ:0件」ということは、「良い評価」「悪い評価」も0件ということだからです。

これは「鍛神」の記事でも解説していますが、ネットの口コミは得てして「悪い評価」ばかりが集まります。

というのも、人間は「問題ではないこと」をわざわざネット上に書き込んだりしないからです。

例えば、定期コースを解約する際にスムーズに解約できた場合、あなたは「解約できました」とネット上に書き込むでしょうか?

恐らく、100人100人が「書き込まない」と答えるでしょう。

それは、「解約できた」という結果に何の問題もないからです。

では、反対にスムーズに解約できなかった場合はどうでしょうか?

恐らく、こちらのケースの方がネット上に書き込む人数は増えることでしょう。

なぜなら、「解約できない」ということは自分にとって問題だからです。

これと同じで、人間は自分にとって都合の悪いことや不都合なことをネット上に書き込む傾向にあるのです。

この事実を踏まえれば、「口コミ:0件」はむしろ高評価と言えます。

もし、『WEEDクリアジェル』が詐欺レベルの商品であれば、ネット上では批判や苦情が殺到しているに違いありません。

確かに、高評価の口コミは1件も存在していませんが、「良い口コミはネット上には上がらない」という基本を知っておけば、口コミがないことに動揺する必要は全くないのです。

▼WEEEDクリアジェル 公式サイト▼



副作用あり!成分の危険性をチェック

ネットの口コミでは「効果があった」という声こそ確認されていません。

しかし、『WEEDクリアジェル』の成分には肌の炎症を抑える効果殺菌効果が期待できます。

肌への有効成分がこちらです。

効能・効果

皮膚の清浄・殺菌・消毒。

体臭・汗臭及びにきびを防ぐ。

有効成分:
グリチルリチン酸ジカリウム

イソプロピルメチルフェノール

※公式サイトより引用

この2つの成分が作用することで肌の環境が整うというわけです。

しかし、これらには効果だけではなく「副作用」の可能性が指摘されていたのです。

グリチルリチン酸ジカリウムの効果および副作用

グリチルリチン酸ジカリウムは消炎効果があるため、化粧品だけではなく医薬品などにも含まれています。

消炎効果が高く、
肌荒れやニキビ予防に効果があります。

解毒作用と抗アレルギー、
抗潰瘍作用があるため、
医療では急性や慢性の皮膚炎に使われています。

※「CELLA COSMETICS」より引用

医療の分野でも使用されているため、グリチルリチン酸ジカリウムの効果は科学的に証明されています。

しかし、それと同時に副作用の報告も存在していました。

実は、1日に40mg以上を摂取(服用)すると、「偽アルドステロン症」を発症する可能性があるのです。

この事実について厚生労働省がまとめたマニュアルでは次のように解説されています。

血圧を上昇させるホルモン(アルドステロン)が増加していないにも関わらず、
高血圧、
むくみ、
カリウム喪失などの症状があらわれる「偽アルドステロン症」は、
医薬品によって引き起こされる場合があります。

主に甘草や
その主成分であるグリチルリチンを含む漢方薬、
かぜ薬、
胃腸薬、
肝臓の病気の医薬品でみられ、
また一般用医薬品でもみられることがあるので、
何らかの医薬品を服用していて、
次のような症状が見られた場合には、
放置せずに医師・薬剤師に連絡してください。

「手足のだるさ」
「しびれ」
「つっぱり感」
「こわばり」がみられ、

これらに加えて、

「力が抜ける感じ」
「こむら返り」
「筋肉痛」が現れて、だんだんきつくなる

※PDF「重篤副作用疾患別対応マニュアル」より引用

また、PDF「婦人薬」によると、高齢者の場合はより顕著に症状が現れるとのこと。

(3)
高齢者では、
心臓・血管系の機能低下、
動脈硬化による二次的な高血圧、
腎・肝機能の低下等、
生理機能の低下などが考えられ、
薬剤の作用が強くあらわれることがある。

また、
グリチルリチンにより
偽アルドステロン症があらわれることがある。

これらの症状は様々な研究により確認されているため、「グリチルリチン酸ジカリウム」に副作用があることは事実です。

しかし、上記の副作用はいずれも服用(経口摂取)した場合であるため、化粧品として肌に塗布することに関しては問題ありません。

その証拠に、グリチルリチン酸ジカリウムが原因による健康被害は報告されていないからです。

ただ、中には肌が炎症を起こす方もいるかもしれませんが、これは副作用ではなく”体質の問題”によるものです。

イソプロピルメチルフェノールの効果および副作用

イソプロピルメチルフェノールにも殺菌効果が期待でき、化粧品や医薬品にも含まれています。

特に、顔に生息するアクネ菌(ニキビの原因)にも効果を発揮するため、ほとんどのニキビケア化粧品にはイソプロピルメチルフェノールが含まれているのです。

イソプロピルメチルフェノールの効果について「相澤皮膚フ科クリニック」では次のように解説されています。

イソプロピルメチルフェノールってどんな成分?

ただ、
殺菌作用によって顔ニキビの原因となるアクネ菌を抑えられる上、
抗真菌作用(防カビ作用)があることで
背中ニキビの主原因となるマラセチア菌までも殺傷することができるために、
ニキビケア化粧品に主成分の1つとして配合されています。

また、殺菌効果だけではなく消臭効果も期待できるため、ワキガ治療などにも活用されています。

『WEEEDクリアジェル』の公式サイトに「体臭・汗臭を防ぐ」と説明されているのはこのためです。

ただ、一部ではイソプロピルメチルフェノールの副作用として「発がん性」が指摘されていました。

しかし、これまでにイソプロピルメチルフェノールが原因で癌を発症したという明確な事実は一切ありません。

それどころか、厚生労働省のHPでは「副作用はない」と解説されているのです。

もし、イソプロピルメチルフェノールに発がん性が確認されているのであれば、なぜ厚生労働省が認可しているのでしょうか?

結局のところ、この手の噂は陰謀論の類であり、明確な根拠は存在しないのです。

そのため、あなたが調べものをする時は、客観的な事実に基づいて情報を見極める必要があります。

決して根拠に乏しい情報に振り回されてはいけません。

あなたも『WEEEDクリアジェル』で美肌を実現してみませんか?

▼WEEEDクリアジェル 公式サイト▼



最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする