【口コミ0件】ラメリアプレミアムは効果なし?成分に副作用

こんにちは。KENです!

今回は美容ドリンク『ラメリアプレミアム』を取り上げます。

”美容科学”に基づき開発された『ラメリアプレミアム』は、これまでの美容アイテムとは全く違う新しい観点からアプローチしています。

それが「線維芽細胞」です。

この線維芽細胞とは、肌のハリや弾力を生み出す源であるため、これに直接アプローチすることで美容成分を体内に浸透させることができるのです。

購入者の96.5%がリピートしていることからも、『ラメリアプレミアム』の効果を実感している方が多いことを証明しています。

しかし、ここまで聞いたあなたはこんな疑問を抱いたかもしれません。

「本当に効果なんてあるの?」

「実は成分に副作用があったりして…」

「購入者の口コミが知りたい」

あなたの気持ちが本気であれあるほど、これらの疑問は当然です。

果たして、『ラメリアプレミアム』は試す価値があるのでしょうか?

今回は、高級美容ドリンク『ラメリアプレミアム』について調べてみました!

▼ラメリアプレミアム 公式サイト▼



口コミ:0件!ラメリアプレミアムは効果なしってこと!?

早速、『ラメリアプレミアム』の口コミを調査してみましたが、現在の時点では大手メディアにレビューは投稿されていなかったのです。
(2018年10月10日12:22現在)

口コミの調査結果がこちらです。

■Amazon

■@cosme

■5ch(2ch)

■Yahoo!知恵袋

■教えて!goo

上記の通り、大手メディアには口コミが1件も投稿されていませんでした。

この事実を知ったあなたはこんな風に思ったかもしれません。

「口コミがないってことは効果がないんじゃ…」

しかし、これは完全な間違いです。

冷静に考えれば分かるように、口コミが0件ということは「良い評価」「悪い評価」も0件ということです。

もし、『ラメリアプレミアム』が詐欺レベルの商品であれば、今頃は批判や苦情が殺到し、炎上しているに違いありません。

特に批判が書き込まれやすい5chですが、『ラメリアプレミアム』に関する悪い口コミが投稿されていないことは、むしろ高評価と言えます。

確かに、「口コミ:0件」は厳然たる事実です。

しかし、「口コミ:0件」=「効果なし」と安易に判断してしまっては、ものごとの”本質”を見過ごしてしまいます。

決して「目に見える情報」だけに踊らされてはいけません。

良い口コミが投稿されるケースは極めて稀

『ラメリアプレミアム』の口コミは0件でしたが、これは批判や低評価がないという意味でもあります。

人間は「目に見える情報」に注意が向きがちです。

しかし、ものごとの”本質”や”真実”は往々にして目に見えないことが多いのです。

その一例として「鍛神」を挙げてご説明いたします。

この鍛神には定期コースが用意されていますが、5chでは「解約できない」という声が上がっていたのです。

確かに、スムーズに解約できないユーザーがいたことは事実です。

しかし、その数はたったの2人だけ。
(2018年9月時点)

鍛神は楽天ランキング1位に輝くほどの売り上げを記録していますが、その記録を考えれば、「解約トラブル:2件」は高評価ではないでしょうか?

ところが、人間は「目に見える情報」ばかりに注意が向いてしまいます。

そのため、大半の方は、たった2件しかない「解約できない」という声を拡大解釈してしまい、それが”真実”だと思い込んでしまうのです。

もし、鍛神が意図的に解約させない悪徳企業だとずれば、苦情の声は2件では留まらないはずです。

つまり、鍛神における解約トラブルは非常にレアケースだったということです。

しかし、その一方で「解約できた」という口コミは1件も存在していません。

なぜなら、人間は「問題ではないこと」をわざわざネット上に書き込んだりしないからです。

これが「目に見えない情報」です。

ネットの口コミは確かに参考になります。

しかし、その口コミは全て投稿者の”主観”により書き込まれたものです。

その中には、自分の勘違い思い込みなどの「意図しない悪意」が入り込んでいる可能性が多分にあります。

そのため、「目に見える情報」を安易に信じること非常に危険なのです。

以上の点を踏まえれば、「口コミ:0件」は低評価どころか高評価であると言えます。

▼ラメリアプレミアム 公式サイト▼



副作用に注意!ラメリアプレミアムの成分を徹底調査

『ラメリアプレミアム』の成分を調査すると、気になる成分が確認されました。

その成分は黄色で強調された部分です。

実は、これら3つの成分には一部で副作用の危険性が指摘されているからです。

(1)デキストリン

(2)エラスチン

(3)レシチン

ただし、副作用の危険性は上記に限った話ではなく、程度の差こそあれ、全ての成分に付きまとう問題でもあります。

一部では副作用の可能性が指摘されているものの、これまでに研究により、その安全性は証明されているのです。

上記の成分に関する安全性(危険性)の研究結果がこちらです。

成分(1)難消化性デキストリン

2000年に発行された「日本食物繊維研究会誌」に、難消化性デキストリンを長期間に亘って投与した実験結果が掲載されていました。

その結果、腎臓や肝臓など主要な器官に重篤な問題は起きなかったことが確認されています。

その他,
電解質,
タンパク質,
腎機能,
膵機能および肝機能に関する検査値において
臨床上問題となる所見は認められなかった。

白血球,
赤血球,
血小板などすべての項目において
有意な変化は認められなかった。

デキストリンについては「すっぽんスリム酵素」および「もぎたて生スムージー」でも解説しています。

成分(2)エラスチン

エラスチンの副作用については「HMB PLUS+」の記事でも既に触れている通り、これまでに重篤な健康被害は報告されていません。

もともと、エラスチンはマグロカツオ動脈球が原料です。

エラスチンは”食品”由来の成分であるため、人体に悪影響を及ぼす成分は含まれていません。

それどころか、エラスチンは胸部にある「クーパー靭帯」再生させる効果が期待できるため、バストアップが見込めるのです。

これはバストに限った話ではなく、肌のハリやツヤにも効果が期待できます。

成分(3)レシチン

レシチンの場合は「効果」「副作用」の両面が報告されていました。

まず、期待できる効果については以下の通りです。

今年(2016年)105歳になってなお、
聖路加国際病院の理事長として、
また現役の医師として活躍を続ける日野原 重明氏。

長寿かつ元気の秘訣に迫るテレビ番組で、
日野原氏が摂取していると話して話題になったのが大豆レシチンだ。

ドイツでは、
ハーブやサプリ類の有効性や副作用を検証する「コミッションE」という委員会を国が組織している。

この委員会で、
高コレステロールと肝臓失調に対する効果が承認されており、
医薬品ほどではないものの、
そこそこ期待できると考えていいだろう。

また、
神経伝達物質であるアセチルコリンの成分でもあることから、
大豆レシチンを摂取することで、
記憶力をよくしたり、
認知症の予防にもなるのではないかと期待されている。

※「DIAMOND ONLINE」より引用
(2016年10月28日配信)

その一方、レシチンには次のような副作用が報告されていました。

また、
レシチンを大量(30g/日以上)に摂取すると
発汗
嘔吐
消化管異常
下痢などの副作用を生じることがあるとのことです。

しかし、
“健康食品”としてのレシチンの摂取目安量は100~250mg程度ですから、
問題ない量といえましょう。

※「上毛ニュース」より引用
(1999年2月掲載)

上記の通り、1日に30g以上のレシチンを摂取した場合、「発汗」や「嘔吐」などの被害が確認されています。

しかし、以下の実験では1日30g以上のレシチンを被験者に投与していますが、重篤な副作用は起きませんでした。

健康な成人男子7名(年齢21歳~29歳)に,
1日:量30gのレシチン穎粒を2週間連続して
毎食後経口投与した。

 
コリンは嘔気等の副作用が強いのに対し,
レシチンの副作用は消化器症状および皮膚症状があるが,
いずれも重篤なものではない。

このため
レシチンが長時間作用型のコリンアゴニストとして
有用かつ安全と考えられた。

※「コリン作働性薬剤レシチンのREM睡眠に与える影響」より引用

この実験ではレシチンによる副作用が確認されたものの、いずれの症状も軽度であり、命に関わるものではありません。

また、この実験は1日30gのレシチンを摂取した場合の結果であるため、摂取量をそれ以下に抑えれば、特に副作用の心配をする必要なないと断言できます。

あなたも『ラメリアプレミアム』でアンチエイジングを始めてみませんか?

▼ラメリアプレミアム 公式サイト▼



最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする