【現在は復帰】小池里奈のビクンイキ画像とは⇒作品名は赤×ピンク!彼氏は?

こんにちは。KENです!

今回は小池里奈さんを取り上げます。

女優およびタレントとして数々の番組に出演していた彼女ですが、2017年8月を最後に表舞台から姿を消しました。

さしたる理由も説明されないままに活動が休止されたため、ファンの間では「引退?」と噂されていました。

しかし、ここに来て彼女のTwitterが更新され、活動再開が報告されたのです。

このことについて2018年10月1日に配信された「ORICON NEWS」は次のように報じています。

女優の小池里奈(25)が1日、
昨年8月(2017年)22日から更新していなかった自身のツイッターを1年1ヶ月ぶりに更新。

その期間に留学などをしていたことを明かし、
仕事を再開することを報告した。

小池は

「お久しぶりです!小池里奈です 

長い間何も更新できずにすみませんでした」

とツイート。

芸能活動も昨年8月21日放送のドラマ以降、
途絶えていたが

「活動していなかった期間は、
ニュージーランドに留学したり、
オーストラリアで働いたり…

今まで経験したことがないことをたくさん経験しました」

と報告し、

「私にとって大切な期間となりました」

と振り返った。

同じタイミングで所属事務所の公式ブログも更新。

「突然消えてしまい申し訳ありませんでした…」

と謝罪し、

「活動していない期間は、
海外へ行ったり、
働いたり、
身体を壊したり…笑

と今まで経験した事がないことをたくさん経験しました」

と告白。

今後に向けて

「とてもいい刺激を受け、
これから心機一転、
より一層頑張っていきたいと思いますので、
どうぞ宜しくお願いいたします!」

と決意を新たにした。

所属事務所のツイッターも

「留学から2年小池里奈が戻ってきました!

大学卒業後にニュージーランド留学、
そしてオーストラリアに遊学!?し、
今年秋戻ってきました!」

と告知し、

「演技にも幅を持たせ、
頑張って参ります。

今後ともよろしくお願いいたします」

と呼びかけている。

同紙が報じている通り、彼女の活動休止理由はニュージーランドへの留学でした。

今回は、活動を休止を得て復帰が報告された小池里奈さんについて調べてみました!

現在は復帰!小池里奈に彼氏あり?

可愛らしいルックスで男性ファンの多い小池さんですが、気になるのは彼氏の存在ではないでしょうか?

しかし、現在までに彼氏の話題が週刊誌にスクープされた事実はありません。

このことから、少なくとも小池さんの恋人は周囲に「バレてはいない」ということになります。

ただ、不確定ながら5ch(2ch)では「彼氏がいる」という声が寄せられていました。

このことについてYahoo!知恵袋では次のような情報が確認されています。

2ちゃんや掲示板などで小池里奈ちゃんには彼氏がいるという噂をよく聞きます

正直ファンの自分にとってショックが大きかったです

あれだけかわいいのだから
彼氏がいてもおかしくないんですが・・・

みなさんはどう思いますか?

この噂を聞いてから
小池里奈ちゃんに対しての見方が変わりました。

(2010年5月24日投稿)

この質問が投稿されたのは2010年の時。

どうやら、小池さんの彼氏疑惑はこの時点から浮上していたようです。

しかし、これまでに特定の交際相手がいるという情報は確認されていません。

そのため、5chに書き込まれた情報は全て根拠のない噂ということです。

小池里奈のビクンイキ画像とは?作品名は「赤×ピンク」

ネット上で「小池里奈」と検索すると、「ビクンイキ作品」や「ビクンイキ画像」というワードが表示されます。

一体、これは何を意味しているのでしょうか?

そこで、このワードについて調査を進めたところ、「ビクンイキ」と共に「ピンク」というワードも検索されていることが分かったのです。

これがきっかけで「ビクンイキ」の意味が判明しました。

この「ビクンイキ」とは、彼女が出演した映画「赤×ピンク」を指していたのです。

この映画は芳賀 優里亜さんが主演を務めており、この中で芳賀さんは小池さんと共にラブシーンを演じているのです。

「赤×ピンク」について2014年4月7日に配信された「AOLニュース」は次のように報じています。

性同一性障害の主人公皐月役の芳賀が大胆な初フル〇ードを披露したほか、
多田あさみ、
水崎綾女
小池里奈が濃厚ラブシーンや激烈アクションに挑み、
殿方のド胆を抜いた。

この内容から分かるように、「ビクンイキ画像」とは作中のラブシーンを指していたということです。

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする