【引退理由】ヤクルト:松岡健一の年俸!嫁との馴れ初めや子供について

こんにちは。KENです!

今回は松岡健一選手を取り上げます。

ヤクルトスワローズでは投手を務めている彼ですが、ここに来て突然の引退が報じられ世間の注目を集めています。

このことについて2018年9月29日に配信された「サンケイスポーツ」は次のように報じています。

ヤクルト・松岡健一投手(36)が今季限りでの現役引退を決断したことが28日、分かった。

入団14年目の今季は5月12日のDeNA戦(横浜)で勝利し、
球団史上初の通算150ホールドポイント(救援勝利+ホールド)を達成。

球団歴代5位の通算490試合に登板した右腕が、
惜しまれながらユニホームを脱ぐ。

 
救援陣の屋台骨を支えた。

この日、
イースタン・リーグ、DeNA戦(横須賀)の八回途中に登板した松岡が、
引退を決断した。

「悔いはないです。

最近3年間は、
いつやめても良いという覚悟を持ってやってきた。

若手が出てきて、
素直にうれしく思える自分がいた。

潮時だなと感じました

同紙が報じている通り、引退理由は「世代交代」でした。

今回は、世代交代を理由に現役を引退する松岡健一選手について調べてみました!

スポンサーリンク

引退する松岡健一の年俸は?

2018年度を最後に現役を引退する松岡選手ですが、彼がプロ入りを果たしたのは2004年の時。

プロ入りしてから2018年現在まで一貫してスワローズに所属している彼は、同球団を象徴する存在です。

そんな”スワローズの顔”である松岡選手の年俸はいくらなのでしょうか?

そこで、彼の年俸を調査したところ、2018年現在は3,000万円であることが分かったのです。

2013年の年俸が7,000万円であることから、現在の年俸は当時と比較して半分以下になっています。

彼は自身の引退について「世代交代」を理由にしていましたが、その発言にはこの事実も含まれているのかもしれません。

スポンサーリンク

松岡健一の嫁:麻由子は社長令嬢!馴れ初めや画像は?

スワローズでは投手として活躍を続けた松岡選手ですが、私生活においては2010年に結婚されています。

奥さんの名前は「麻由子」さんといい、彼よりも2歳年下の一般女性です。

そのため、麻由子さんの顔写真などの画像は確認されていません。

ただ、2人の馴れ初めについては「知人からの紹介」であることが報じられていました。

ヤクルト・松岡健一投手(27)が、
元OLの麻由子さん(25)=さいたま市在住の会社社長、横山興司さん(63)の次女=と結婚したことが4日、分かった。

お相手の麻由子さんとは2年前(2008年)に知人の紹介で知り合い、交際がスタート。

昨年(2009年)から埼玉・戸田市の球団寮を出て1人暮らしを始めていたが、
献身的に家事をこなしてくれる麻由子さんの姿に、
結婚を決意したという。

※「サンケイスポーツ」より引用
(2010年3月5日配信)

同紙が報じている通り、麻由子さんの父親は会社を経営する社長でした。

つまり、彼女は”社長令嬢”ということになります。

しかし、麻由子さんの素性はほとんど公にされていないため、本人のFacebookが特定されたという情報は得られていません。

松岡健一に子供はいる?

2010年に麻由子さんと結婚した松岡選手ですが、子供がいるのでしょうか?

そこで、彼の私生活に関する報道を調査してみたものの、これまでに第1子誕生の報告は確認できませんでした。

冒頭のサンケイスポーツでも家族について触れられていたのは奥さんと義父のみであるため、恐らく、子供はいないと思われます。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする