【怪我⇒入院】レオナペタスの本名は加藤玲於奈!高校&大学がどこか判明

こんにちは。KENです!

今回はレオナ・ぺタス選手を取り上げます。

K-1などで活躍する格闘家のレオナ選手ですが、ここに来て怪我を負って入院したことが報じられ世間の注目を集めています。

このことについて2018年9月15日に配信された「デイリーニュース」は次のように報じています。

Krushを中心に、
K-1や中国の英雄伝説でも活躍するレオナ・ペタス(26)が交通〇故に遭い
Krushの2018年シリーズ第10弾「Krush.93」(30日・後楽園ホール)を欠場することが15日、
発表された。

Krushの広報部によれば、
レオナは「頚椎捻挫、左肋骨不全〇折、左手挫傷、右膝関節捻挫、右足関節捻挫・挫傷」を負い、
全治1カ月と診断されたという。

レオナは同大会で第5代Krushスーパーフェザー級王者の安保璃紅(21)と対戦予定。

昨年(2017年)5月28日のKrush.76で安保に判定負けしており、
リベンジマッチだったが、
無念の欠場となった。

同紙が報じている通り、レオナ選手は容態は全治1ヶ月でした。

今回は、怪我により無念の欠場を余儀なくされたレナオ・ペタス選手について調べてみました!

スポンサーリンク

怪我で入院!レオナ・ぺタスの本名は加藤玲於奈

今回の報道で大きな注目を集めているレオナ選手ですが、これに伴い、ネット上では彼の”本名”にも関心が集まっています。

「レオナ・ぺタス」という名前からして外国人のようにも思えますが、これは彼の本名ではなく”リングネーム”です。

このことについて「BOUT REVIEW」では次のように報じています。

――”レオナ・ぺタス”というリングネームはニコラス・ぺタスさんにちなんでつけたものなんですよね?

「はい。
僕はもともとニコラスさんが教えていたスピリットジムで格闘技を始めたんですよ。

それでプロデビューする時にニコラスさんに

『ぺタスという名前を使ってもいいですか?』

とお願いして、
本名加藤 玲於奈(れおな)とぺタスをくっつけて”レオナ・ぺタス”にしました

(2015年10月24日配信)

上記の通り、彼の本名は「加藤 玲於奈」と言うようです。

「玲於奈」(れおな)という漢字表こそ珍しいものの、名前の響きからしても彼は日本人だったのです。

スポンサーリンク

レオナ・ぺタスの高校や大学はどこ?

彼の本名が「加藤 玲於奈」であることが判明したことで本人のFacebookも明らかになりました。

加藤選手のFacebookがこちらです。

Facebookに掲載された情報によると、彼の学歴高校・大学)は以下の通りです。

日本大学 生物資源科学部

日本大学 豊山高等学校

上記の通り、加藤選手は一貫して日本大学に関係する学校に通っていたようです。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする