【女性向け】HMBに副作用⇒乳がんの危険性!?【美BODY】

こんにちは。KENです!

今回はHMBサプリ『美BODY』を取り上げます。

男性だけではなく女性にも大注目されているHMBですが、女性向けに企画・開発されたのが『美BODY』です。

この『美BODY』では、たった8粒1,500mgものHMBが含まれています。

さらに驚くべきは、それが身体にダイレクトに働きかけるため、他のHMBサプリと比べと吸収率が圧倒的に高いのです。

また、『美BODY』は女性向けに開発されているため、「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」「プラセンタ」などの美容成分も豊富に含んでいます。

これ1つでシェイプアップと美容を同時に行える『美BODY』は”オールインワン・サプリ”なのです。

昨今の美容業界では数多くのHMBサプリが登場していますが、あなたが女性であるのならば、”女性向け”に開発されたサプリメントを選択する必要があります。

男性向けのサプリを飲むんだとしても、致命的な副作用が起こるということはありません。

しかし、男性用に開発されたHMBサプリは主に筋力アップにフォーカスしているため、ほとんどの場合、美容成分が含まれていません。

モデルの橘リンさんも愛用していることで急速に注目を集めている『美BODY』は、シェイプアップを両立させたいあなたにピッタリのアイテムと言えるでしょう。

■橘リン

ただ、ここまで聞いたあなたはこんな疑問を抱いたことでしょう。

「HMBって女性が飲んでも安全なの?」

「HMBに危険な副作用があったりして…」

「癌にでもなったらと心配で飲む気になれない!」

「キレイになりたい!」という想いが本気であればあるほど、これらの疑問は当たり前のことです。

もし、HMBを飲んだことであなたが健康被害に遭ってしまっては一大事です。

本記事では、あなたが決して不利益を被らないためにHMBの副作用や危険を”女性視点”で調査してみました!

▼美BODY 公式サイト▼



HMBに副作用はあるの?女性が飲んでも大丈夫?

一昔前では「筋トレ=男性」というイメージでしたが、現在では多くの女性がダイエットのお供としてHMBサプリを利用しています。

しかし、依然として「HMB=男性向け」という固定観念が先行しているためか、多くの女性がHMBを摂取することに躊躇いを感じているようです。

ただ、結論から言わせて頂くと、HMB自体には何ら危険な成分は含まれていません。

そのため、男性・女性を問わず、重篤な副作用が現れることはないのです。

HMBの安全性についてPDF「食品安全情報(化学物質)」では次のような研究結果が掲載されていました。

成分:β-ヒドロキシ-β-メチルブチレート(HMB

安全であるか?

研究では、
成人による 1 日 3 g 最大 8 週間にわたる HMB 摂取において、
副作用は報告されていない。

※「国立 医薬品食品衛生研究所 安全情報部」より引用

上の研究結果では1日3gのHMBを8週間に亘って摂取する実験が行われました。

その結果、被験者の間に副作用は全く報告されなかったのです。

『美BODY』では1日8粒の摂取が推奨されていますが、これをgに換算すると2gとなり、上記の実験よりも低い摂取量になります。

1日3gのHMBを摂取しても健康被害がないことから、『美BODY』を使用しても副作用が現れることはありません。

ただ、HMBサプリ全般の口コミや体験談を見ると、「下痢」などの体調不良が少数ながら報告されていますが、これは副作用ではなく「体質の問題」と解釈すべきです。

もし、HMBに重大な副作用があるとすれば、先の研究結果でも何かしらの症状が報告されているはずです。

ちなみに、「国際栄養スポーツ学会」でも同様の研究がおこなわれており、その時には1日6gのHMBを摂取する実験が行われていました。

しかし、それでも副作用や健康被害は一切なかったのです。

「国際栄養スポーツ学会」で行われた実験の結果がこちらです。

HMBの推奨量の2倍である6g1ヶ月間
摂取した場合でもコレステロール、
ヘモグロビン、
白血球、
血糖、
肝臓または腎臓機能に影響はなかったことが報告されています。
(Gallagher PM, 2000)

※「リハビリmemo」より引用
(2017年10月26日掲載)

これらの研究結果から、HMB自体に副作用は含まれていないと断言できます。

そのため、女性でも安心してHMBをお飲み頂けるのです。

しかし、ここで注意点があります。

HMBはサプリメント(健康補助食品)であって医薬品ではありません。

そのため、薬のように一律に効果・効能が保証されているわけではないのです。

口コミや体験談では「効果があった」という声が数多く上がっていますが、これは”個人の主観”であることを前提に使用して下さい。

▼美BODY 公式サイト▼



女性がHMBを飲むと乳がんになる危険性!?その根拠は一体…

先ほど掲載した研究結果により、HMBの安全性についてはご理解頂けたかと思います。

しかし、ネット上にはHMBを否定する情報が数多く出回っており、その情報に煽動された結果、一部では「HMBを飲むと乳がんになる」といった疑惑が浮上しているのです。

これはYahoo!の検索結果をキャプチャしたものですが、赤字の部分に注目すると「HMB」「女性が飲む乳がん」と検索されていることが分かります。

この検索結果は、検索数が多い順に並んでいるため、それほど世の女性がHMBに恐怖心を抱いているということです。

しかし、繰り返し強調しておくと、HMBに副作用は一切ありません。

では一体、「女性がHMBを飲むと乳がんになる」という”嘘”はどこから来たのでしょうか?

「HMB=乳がんになる」という嘘が生まれた仮説(1)BCRAとBCAA

そこで、HMBと乳がんの関係性を調べたところ、ある可能性にたどり着いたのです。

それが「BRCA」というキーワードです。

このBRCAとは「乳がん抑制遺伝子」のことで、これが突然変異を起こすと乳がんになるリスクが高くなるのです。

【Q, BRCA遺伝子とは】

(中略)

BRCA遺伝子を調べた結果
ほかの健常者との違いが見られた場合、
将来、家族性乳がん卵巣がんにかかる可能性が高くなることがわかっています。

BRCA1/2遺伝子は、
家族性乳がん・卵巣がん症候群の発症に関与しています。

※「ジェネシスヘルケア株式会社」より引用

実は、「BRCA」とよく似た言葉に「BCAA」という成分があります。

このBCAAとは「必須アミノ酸」の一種であり、次の3つを総称してそう呼びます。

■バリン

ロイシン(=HMB

■イソロイシン

これら3つの内、「ロイシン」はHMBと深く関係しています。

というのも、ロイシンが分解されることでHMBが生成されるからです。

ここまでの話をまとめると以下のようになります。

■BCRA=乳がんの発症リスク

■BCAA=ロイシン(HMB)

ネットの一部では「HMBを飲むと乳がんになる」という噂が広まっていますが、これは恐らく、「BCRA」と「BCAA」を混同したために起きた誤解だと思われます。

「HMB=乳がんになる」という嘘が生まれた仮説(2)HMBとHMB

HMBと乳がんの関係性をさらに調査したところ、ある事実が判明しました。

実は、乳がんの診断にも「HMB」というキーワードが使われていたのです。

※「がん診療 画像レファレンスデータベース」より引用
(2008年11月14日掲載)

上記の通り、確かに乳がんの検診において「HMB」という言葉が使われています。

しかし、ここで言う「HMB」と、筋力アップに関係のある「HMB」は全くの別物です。

「日本皮膚病理組織学会」によると、乳がんの検診に使われる「HMB」は「Human Melanin Black」の頭文字のようです。

HMB-45は悪性黒色腫やメラノサイト由来の他の腫瘍に存在するプレメラノソームの糖蛋白に対する抗体であり、
HMBはhuman melanin blackの略です。

専門的な説明では意味がよく分かりませんが、それでも、筋力をサポートするHMBとは全く関係がないことは分かります。

恐らく、2つある「HMB」の意味を取り違えたことにより、「HMBを飲むと乳がんになる」という嘘が拡散されたと思われます。

あなたも『美BODY』で筋肉と美容を同時に実現してみませんか?

▼美BODY 公式サイト▼



最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする