【危険!?】化粧品バッサの美容液成分は酸性水!肌の除菌効果は抜群

こんにちは。KENです!

今回はオールインワン化粧品『WASSER』(バッサ)を取り上げます。

東急ハンズのスキンケア商品では売上1位を獲得し、さらには美容部員の間でも1位に輝いたバッサは90%という驚異のリピート率を誇っています。

これほど顧客満足度が高い理由は、バッサに含まれている成分にあります。

バッサはスキンケアの根本を徹底的に研究しており、その結果、たどり着いた答えが「水」でした。

バッサの美容液にの96.9%「高濃度イオン水」でできているため、これが肌の奥へと浸透することで肌にハリやツヤを与えてくれるのです。

また、多くの女性に支持されている理由が「手軽さ」です。

実は、バッサは高品質であるだけでなく、以下の5つ全てカバーする成分が含まれているのです。

■化粧水

■美容液

■乳液

■クリーム

■角質ケア

「お肌にやさしい」「お財布にもやさいい」となれば、90%という驚異のリピート率にも納得です。

しかし、あなたが気になっているのは「成分の効果」「肌へのダメージや副作用」ではないでしょうか?

「キレイになりたい」というあなたの気持ちが真剣であればあるほど、これらの疑問は当たり前のことです。

果たして、バッサに含まれる成分に効果はあるのでしょうか?

また、肌への危険性はないのでしょうか?

今回は、オールインワン化粧品として注目を集めている「VASSER」(バッサ)について徹底的に調べてみました!

▼バッサ 公式サイト▼



バッサ(化粧品)の美容液に含まれている成分は酸性水

バッサには「高濃度イオン水」が約97%が含まれていますが、イオン水には2つの種類があります。

そもそも、イオン水とは「電気分解された水」という意味です。

水道水や食塩水を電気分解した場合、陽極(+)陰極(-)では異なった性質の水が生成されます。

+側にできる水を「酸性水」と言い、-側にできる水を「アルカリイオン水」と言います。

一般的には酸性水は消毒・殺菌用に使われ、アルカリイオン水は飲料水に使用されています。

バッサの公式サイトによると、美容液に含まれるイオン水は「+側に生成される」と説明されているため、これは酸性水ということになります。

水を電気分解した陽極(プラス)側に生成され
制菌、脱臭作用に優れ

皮膚を引き締める効果があります。

医療、
食品分野で幅広く使用されています。

※「WASSER」より引用

一口にイオン水と言っても、「酸性水」「アルカリイオン水」とでは得られるメリットも用途も違うため、まずはこの点をしっかりを理解しておきましょう。

酸性水の効果(1)強力な殺菌作用

先ほども述べた通り、酸性水は主に殺菌・消毒を目的に使用されています。

その効果は折り紙付きで医療分野での使用も普及しており、以下に掲載する「こおりクリニック」ではアトピー治療にも役立っています。

強酸性水には強い殺菌力と炎症を抑え皮膚の再生を促進する効果があります。

元々普通の水なので副作用もほとんどなく
数分以内で自然の水に戻るため
一日に何回塗っていただいても大丈夫です。

使えば使うほど効果を発揮します。

さらに、東京医科歯科大学 名誉教授である藤田 紘一郎氏も酸性水の効果について次のように述べていました。

■藤田 紘一郎

多くの病原菌は、
酸性の場所では生きることができません。

外界に絶えずさらされている肌は、
弱酸性を保つことによって、
敵となる病原菌から身を守っているわけです。

ですから、
洗顔には、
弱酸性の水が効果的になります。

酸性水で顔を洗っておくと
肌を荒らす細菌を排除しつつ、
肌の健康を保てるというわけです。

※「藤田紘一郎先生の水で健やか VOL.16」より引用
(2015年10月22日掲載)

上記の通り、酸性水は、個人的な体験談のみならず、医学的な見地からもても効果が期待されているのです。

酸性水の効果(2)肌を引き締めるアストリンゼント効果

酸性水の効果は殺菌・除菌だけではありません。

実は、酸性水には「アストリンゼント効果」が期待されているのです。

このアストリンゼント効果とは、角質同士の隙間を埋め、肌を引き締めてくれることを指します。

また、肌が引き締まることで肌の持つバリア機能を高め、病原菌から肌を守る効果も期待できるのです。

この効果は医療分野だけではなく美容業界も注目しており、美容院では酸性水を使ったシャンプーなども行われているのです。

■酸性水って?
      
「アストリンゼント効果」により、
お肌が引き締まります。

また、
殺菌作用がありますので、
ニキビ・アトピーにも効果が期待できます。
  
そして、
酸性水は髪の毛や肌を痛める塩素を一切含みません。

100%酸性の水ですから、
髪の毛や肌に安心してお使いになれます。

※美容院「PLANTS」より引用

殺菌だけではなく肌を引き締める効果がある酸性水を97%も含んでいるバッサ。

バッサのリピート率が90%を超えているのは、医学的な見地から効果や効能を検証されている確かな成分を使用しているからに違いありません。

▼バッサ 公式サイト▼



殺菌効果のある酸性水だけどアトピーの人は注意して

確かな効果が期待できながら、副作用などの危険性がほとんどない酸性水ですが、アトピーの方は使用する際に注意してください。

上で紹介した「こおりクリニック」ではアトピーの治療に酸性水を使用しているものの、この治療法は全てのアトピー患者に有効であるわけではありません。

というのも、アトピーが発症するメカニズムは複雑で現代の医療でも明確な原因は解明されていないからです。

そのため、アトピーが発症する過程やアレルギー反応などは千差万別であり、画一的な治療は存在しません。

つまり、酸性水を使用してアトピーが改善した人もいれば、その逆で悪化してしまう人もいるのです。

酸性水とアトピーの関係について「ドクター牧瀬」さんは自身のブログで次のように指摘しています。

■ドクター牧瀬

アンチ・ステロイドの代表的療法が酸性水です。

たしかに、
じゅくじゅくと細菌感染のあるような部位には酸性水は有効でしょう。

しかしそれまでであって、
それ以上のものではありません。

ただ細菌を殺すだけの効果しかありません。

それを知らないで使い続けると、
必ずといっていいほど皮膚の肥厚化をもたらします。

余分な刺激を皮膚に与えるからでしょう。

酸性水を長年使ってきて、
ゾウやサイの皮膚のように分厚くなってしまった患者さん
たちが、
ぼくの診療所に、
いやというほどおしよせて来られます。

事実ですから仕方がありません。

※「ドクター牧瀬のサプリメント・クリニック」より引用

この内容を見てしまうと、酸性水が危険であると誤解してしまいがちですが、酸性水の使用に注意が必要なのはアトピーの方だけです。

アトピーは健常者とは違って皮膚が”超”過敏な状態にあります。

そのため、一般の人が反応しないような軽微な刺激にも”過剰”なまでにアレルギー反応が起こってしまうのです。

ドクター牧瀬さんもアトピーへの使用には注意を促しつつも、酸性水自体の殺菌・除菌効果は認めています。

あなたがアトピーではない限り、酸性水の使用で副作用などの健康被害が出ることはないと思っていいでしょう。

ただし、体質により酸性水が身体に合わないケースもあるため、少しでも異常を感じた場合は直ちに使用を中止し、医師の診断を受けて下さい。

あなたも「バッサ」で見違えるほどの美肌を目指してみてはいかがでしょうか?

▼バッサ 公式サイト▼



最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする