【蛭子能収の息子?】前野朋哉に嫁あり!子供の名前は蓮太朗!中学校はどこ?

こんにちは。KENです!

今回は前野朋哉さんを取り上げます。

2018年9月現在、彼は「ブレス・チャベス」に所属する俳優として活躍しています。

決して主演を張るタイプの俳優ではないものの、作品には欠かすことのできないバイプレイヤーとして前野さんは数々の話題作に出演しています。

そして、ここに来て戸次重幸さんがプロデュースする舞台に出演することが報じられ世間の注目を集めています。

■戸次重幸

このことについて2018年9月8日に配信された「まんたんウェブ」は次のように報じています。

演劇ユニット「TEAM NACS(チームナックス)」の戸次重幸さんが作・演出を手がけ、
自ら出演する舞台「TEAM NACS SOLO PROJECT 戸次重幸『MONSTER MATES』」に俳優の本郷奏多さんが出演することが8日、明らかになった。

「劇団EXILE」の青柳翔さん、
前野朋哉さん、
吉沢悠さんも出演する。

今回の「MONSTER MATES」はワンシチュエーションの5人芝居のサスペンスコメディーとなる。

精神科医の坂上寛人(青柳さん)、
居候の三波秀和(本郷さん)、
同じマンションに住む坂上の元患者で鮮魚店店主の今野正志(前野さん)
今野の借金の取り立てに現れたヤ〇ザの桐谷憲次(戸次さん)の4人は、
それぞれの事情で坂上宅で一堂に会する。

そこに突然現れた謎の男・Q(吉沢さん)が、
三波に

「あなたは不老不死になりました」

と告げたことから、
彼らの正常な日常が崩れ始め……という内容。

今回は、名バイプレイヤーとして活躍する前野朋哉さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

前野朋哉は結婚して嫁&子供あり!息子の名前は蓮太朗

前野さんの私生活を調べたところ、2014年に結婚していたことが分かりました。

このことについて2014年4月4日に配信された「ORICON NEWS」は次のように報じています。

池松は、今年(2014年)の目標を聞かれ

前野さんが結婚するので、結婚式に出たい」

と抱負。

あまりに突然の暴露に出演者を含め、
会場がポカンとするなか、
飯塚健監督は

「それ、言っちゃっていいの?」

と困惑。

当の前野は、
大汗をかきながらも

先日、結婚しまして…。
びっくりしてマイクなめちゃった」

と素直に認めた。

関係者によると、前野さんは2014年3月28日一般人の女性と結婚したようです。

ただ、奥さんの素性(名前、年齢、顔写真)は公表されておらず不明です。

本人のWikipediaでは家族に関する情報は一切掲載されていないものの、所属事務所の公式Twitterから息子さんの存在が明らかになりました。

息子さんの画像がこちらです。

上記の通り、息子さんの名前は「蓮太朗」君といい、既に”子役”としてドラマデビューを果たしていたのです。

現在の時点では蓮太朗は本格的な芸能活動は展開していませんが、もしかしたら、近い将来、2世タレントとしてデビューする日が来るかもしれません。

スポンサーリンク

前野朋哉の中学校はどこ?倉敷市立 新田中と判明

本人のWikipediaによると、前野さんの学歴は以下の通りです。

岡山県立 倉敷天城高等学校 卒業。

大阪芸術大学 芸術学部 映像学科 卒業。

中央大学 文学部 哲学科 卒業。

ただ、中学校に関する情報は掲載されていませんでした。

そこで、彼の出身中学を調べたところ、本人のTwitterより「倉敷市立 新田(しんでん)中学校」であることが分かったのです。

前野朋哉
‏@maenotomo18

返信先:@togetogemoeta

一緒ですか!?

僕は新田中、天城です。

(2014年7月23日ツイート)

前野朋哉と蛭子能収は息子と父親?

全国区の知名度こそないものの、ネット上では前野さんに関して”ある疑惑”が浮上していました。

それが、蛭子能収さんとの「親子」説です。

確かに、両者の顔を見比べると、赤の他人とは思えないほどに似ています。

しかし、「アサ芸プラス」が掲載した関係者の証言によると、2人は親子でもなければ親戚でもないようです。

「ネット上には漫画家の蛭子能収に似ているため

『親戚では?』

との噂もありましたが
まったくの他人です。

しかし、
よく似ていることは事実で、
14年に放送された『中居正広の金曜日のスマたちへ』では、
蛭子に関する再現ドラマで本人役を演じて

『そっくりすぎる!』

と話題になりました。

前野はまさに平成のバイプレイヤーです」
(広告代理店関係者)

(2016年6月3日配信)

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする