【DV⇒借金】久保優太の嫁:さらは何者⇒実家は金持ち!株の銘柄は適当?

こんにちは。KENです!

今回は久保優太選手を取り上げます。

K-1ウェルター級世界王者である久保選手ですが、ここに来て借金トラブルが報じられ世間の注目を集めています。

このことについて2018年9月5日に配信された「フライデー」は次のように報じています。

甘いマスクと高いボクシング技術で多くの格闘技ファンを抱える久保氏だが、
世界チャンプとしては少し情けない金銭トラブルが、
今回、本誌の取材で明らかになった。

「久保は知人の実業家男性から、
貸したカネの返還を求めて提訴されているんです。

裁判が始まったのは、昨年(2017年)6月。

内容は単純で、
久保が男性に合計219万円を借り、
それを返さず訴えられたというもの。

最近、
久保は和解金として50万円を支払うと提案しましたが、
原告はそれを拒否。

裁判は泥沼化の様相を呈しています」
(全国紙司法担当記者)

K-1王者であるだけでなく、
久保氏は「闘う投資家」を自称するトレーダーでもある。

「2億円の利益を上げている」

と豪語し、メディアにも出演。

所有する高級腕時計やタワーマンションでの生活を喧伝していた男が、
なぜカネを借りるほどに困窮したのか。

背景にあるのは、
久保氏が起こしたある事件だ。

「実は一昨年(2016年)の秋頃、
久保は当時の妻にDVをし、
警察に拘束されているんです。

奥さんが朝帰りしたのに腹を立て、
久保は馬乗りになって何発も〇ったそうです。

刑事事件にはなりませんでしたが、
久保は多額の示談金を支払わなければならなくなった。

浪費癖も相まってクビが回らなくなった久保は、
面倒を見てくれていた原告の男性に

『カネを貸して欲しい』

と泣きついたんです」
(K-1関係者)

同誌が報じている通り、久保選手は元妻へのDV事件がきっかけとなり、多額の借金を背負っていたのです。

今回は、K-1世界王者にして”闘う投資家”を自称する久保優太選手について調べてみました!

スポンサーリンク

久保優太の嫁:さらとは何者?実家は金持ちだけど、仕事は?

2018年9月現在、久保選手には奥さんがいます。

奥さんの名前は「さら」さんと言い、Twitterやインスタグラムでセレブな生活を公開しています。

本名や年齢など詳しいプロフィールは公表していませんが、久保選手によると、彼よりも年下のようです。

つまり、「さら」さんは20代ということになります。
(2018年9月現在)

しかし、彼女は20代という若さにしてフェラーリを乗り回していたのです。

※インスタグラムより引用
(2018年8月18日投稿)

この写真だけでは、このフェラーリが彼女本人のものか分かりませんが、自身のTwitterでは「勝手に買った」とファンから指摘されていました。

このことから、「さら」さんは20代でありながらも、フェラーリを買うほどの財力があるということになります。

そのため、一部では「何者?」という声が上がっています。

そこで、「さら」さんの正体について調査したところ、社長令嬢であることが分かったのです。

この事実が判明したのは久保選手のTwitterでした。

それによると、「さら」さんの父親は都内で複数の漫画喫茶を経営する実業家とのこと。

彼女が20代にしてフェラーリを購入することができたのは、その資金が実家から出ていたからだったのです。

しかし、「さら」さん本人は”家事手伝い”をしているようで職には就いていないようです。

本人のインスタグラムには「暇人代表」というハッシュタグが付けられていることから、現在においても無職である可能性が高いと思われます。

スポンサーリンク

元嫁へDV⇒借金!久保優太が選ぶ株の銘柄は適当?

元妻へのDV事件が発端となり、多額の示談金が必要になった久保選手ですが、”闘う投資家”を自称する彼であれば、その程度の示談金などすぐに支払えるはずです。

「株で2億円の利益を出した」と豪語する彼ならば、なおのこと借金する必要などないでしょう。

しかし、今回の金銭トラブルが明らかになった今では、彼の発言もどこまで信じて良いのか分かりません。

ちなみに、真偽のほどは定かではありませんが、久保選手が選ぶ株の銘柄について、奥さんのTwitterには次のような声が寄せられていました。

ハイパードライ
@FutoMore

返信先: @sarah_168168さん

旦那様は有名トレーダーが推奨する銘柄をそのまま買ってるだけで、
あまり御自身では調べていない感じが見受けられます。

近々トラブルがあるかもしれないので
その時はケアしてあげてください。

(2018年8月30日ツイート)

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする