【結婚⇒嫁】柳亭小痴楽の父親の死因は病気!中学校&高校はどこ?

こんにちは。KENです!

今回は3代目・柳亭 小痴楽(りゅうてい こちらく)さんを取り上げます。


本名:沢辺 勇仁郎

2018年9月現在、彼は落語家として活躍しています。

父親2代目柳亭 小痴楽であり、まさにサラブレッドの落語家である3代目・小痴楽さんですが、ここに来て結婚が報じられ世間の注目を集めています。

このことについて2018年9月1日に配信された「スポーツ報知」は次のように報じています。

若手人気落語家・柳亭小痴楽(29)が結婚したことが31日、分かった。

すでに婚姻届を提出済で、
きょう9月1日に都内で挙式、
披露宴を行う。

小痴楽は二ツ目ながら、
講談師・神田松之丞(35)らと11人でユニット「成金」を結成。

二ツ目ブームを巻き起こし、
若い女性ファンから絶大な人気を得ている若手ホープだ。

お相手は都内在住、
2歳年下の一般女性で仲里依紗似の美女

「ずっと恋人がいなくて、
兄貴が前にいた会社の同僚を紹介してくれた。
本当にかわいい子なんですよ」。

相手が20代半ばということもあり、
交際がスタートすると、
兵庫の実家にあいさつに出向いた。

「女性の大事な時間を奪ってはいけないので…」。

愛を育み1年前(2017年)には同棲を始める際にも実家に許可をもらうなど筋を通した。

危機も乗り越えた。

小痴楽は

「(交際相手が出来ても)僕は変わることはできない。
寄り添うことはしたくない」

と相手に伝えており、
職業の落語家としての立場や付き合いを最優先していた。

「記念日に旅行に行く約束をしていたけれど、
(当日に)寄席に行ったら
(その後、仲間と)飲んじゃって。

人数多くなったんで帰るに帰れなくなって、
電話で

『今日、行かねえわ。キャンセルして』

って言ったら怒っちゃって…」。

けんかして破局寸前まで行ったこともあったが、
冷却期間をおいて、よりを戻した。

小痴楽は相手に対して

「朝起こしてくれる。

家に帰ったらご飯が炊いてある。

お風呂が沸いてる。

それ以外は何も求めない。

言ってくれることを全部やってくれる」

と古風な亭主関白な一面を見せるが、
親しい同僚は

「小痴楽兄さんの方が気を遣っています」

と新婚生活を明かした。

婚姻届を提出した7月6日は、
結婚相手が大好きだった「サラダ記念日」にちなんだもの。

挙式の場所なども女性の希望を受け入れるなど“優しさ”を見せている。

同紙が報じている通り、結婚相手はお兄さんの紹介で知り合った一般人でした。

奥さんは一般人であるため、名前や顔写真は公表されていないものの、仲 里依紗さん似の美人のようです。

■仲 里依紗

今回は、仲 里依紗さん似の美人と結婚した3代目・柳亭 小痴楽さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

柳亭小痴楽が結婚!中学校や高校(中退)はどこ?

今回の結婚報道で大きな注目を集めている小痴楽さんですが、ネット上では彼の学歴(中学・高校)にも関心が集まっています。

現在のところ、本人のWikipediaには学歴に関する情報は一切掲載されていません。

そこで、小痴楽さんの学校について調査したところ、以下の事実が判明したのです。

本名
沢辺 勇二郎

出身校
渋谷区立 猿楽小学校

私立 明星学園小・中・高中退

※「大和田落語会」より引用

上記の通り、彼は高校を中退しており、大学には進学しなかったようです。

スポンサーリンク

父親:2代目・柳亭小痴楽の死因は病気(腎不全)だった

小痴楽さんの父親は2代目・柳亭 小痴楽を名乗り、古典落語を得意としていました。

■2代目・柳亭 小痴楽

しかし、2009年に死去されていたのです。

「zakzak by 夕刊フジ」によると、その死因は「腎不全」だったようです。

病床での努力のかいもなく、
9月7日、
57歳で腎不全のため死去

幅広い交遊を物語るように、
9月13日に都内で営まれた葬儀・告別式にはプロ野球界や角界からも多くの弔問客が駆けつけ、
供花があふれた。

(2009年10月27日配信)

直接的な死因は腎不全だったものの、2代目・小痴楽さんは様々な病気を患っていました。

4年前(2005年)、
脳幹出血で倒れ、
落語家の命である言葉を失った。

その生涯は闘病の歴史でもあった。

若いころから糖尿病を患い、
ナルコレプシー(睡眠障害)とも闘った。

※上記より引用

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする