【顔画像あり】杉本倫孝とは誰?北朝鮮から国外追放の映像クリエイターは杉本智之?

こんにちは。KENです!

今回は「杉本倫孝」氏を取り上げます。

2018年8月現在、彼は映像クリエイターとして活動しています。

しかし、北朝鮮に入国したことでスパイの容疑をかけられ、国外追放になったことが明らかになり世間の注目を集めています。

このことについて2018年8月27日に配信された「JIJI.COM」は次のように報じています。

北朝鮮国営の朝鮮中央通信の日本語版ウェブサイトは27日までに、
北朝鮮当局が追放を決めた日本人の漢字名について、
杉本倫孝氏と伝えた。

朝鮮語版や英語版はスギモト・トモユキ氏と報じている。

朝鮮中央通信が25日付で伝えたところでは、
杉本氏は最近、
日本人観光客として北朝鮮を訪問。

法に違反する犯罪を働き
当該機関の取り締まりを受け、
調査を受けた」

とされる。

同通信は

「当該機関では、
日本人観光客を人道主義の原則に従って寛大に許し、
国外に追放することにした」

と報じた。 

同紙が報じている通り、杉本氏は北朝鮮で不法行為に及んだとされています。

しかし、具体的な内容については公にされていないため、彼が何をしたのかは不明です。

今回は北朝鮮から国外追放された「杉本倫孝」なる人物について調べてみました!

スポンサーリンク

北朝鮮を国外追放!映像クリエイター「杉本倫孝」とは誰?杉本智之と同一人物?

今回の一件で北朝鮮から国外追放された杉本倫孝氏ですが、一体、この人物は誰なのでしょうか?

この事件が報じられた当初、問題の人物は次のように報じられていました。

職業は「映像クリエイター」

年齢は39歳

出身地は滋賀県

北朝鮮の発表により、問題の映像クリエイターの名前が「杉本倫孝」であると判明したわけですが、この人物と全く同じ経歴を持つ人物が存在していたのです。

それが「杉本智之」という人物でした。

この人物は「スギモト トモユキ」という名前で映像制作に携わっており、ブログやYouTubeなどで自身の作品を発信していました。

名前こそ違う2人ですが、両者の経歴が驚くほど一致しているため、ネット上では「同一人物」説が持ち上がっているのです。

スポンサーリンク

杉本智之の経歴やFacebookは?顔画像あり

国外追放された杉本倫孝氏と全く同じ経歴を持つ杉本智之さんの顔画像がこちらです。

彼の経歴がこちらです。

音楽/映像クリエイター

1979年2月14日
滋賀県出身

高精細かつユーモラスなエレクトロニック音楽を制作しているミュージシャン。

m-flo“ComeAgain”リミックスコンテスト(2001)、
AXIA Artist Audition(2002)、
Starz Audition(2009)、
電気グルーヴリミックスコンテスト(2009)など、多数の受賞歴を持つ。

2004年にポッドキャスト番組『Modulation』を配信開始。

そのユニークな国内外を問わず広くリスナーを集めた。

自身のアルバムを、
自主レーベル Modulation よりiTunesStore他でリリースしている。

また、
他アーティストの制作などにも参加。

映像クリエイターとしては、
SweetVacationや1000sayのミュージックビデオ制作・VJ等の活動がある。

現在は自身の新作を制作中。

※「http://sugimoto.syncl.jp」より引用

上記の生年月日から、彼は39歳といことになり、国外追放された杉本倫孝氏と同じ年齢であることが分かります。

また、彼は「滋賀県」出身であり、さらには「映像クリエイター」として活動しています。

これらの経歴が全て一致しているため、ネット上では「杉本倫孝=杉本智之」説が指摘されているというわけです。

ただ、杉本智之さんのFacebookは存在していないため、結婚歴や家族(嫁・子供)などの詳細は不明です。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする