【離婚理由】糖尿病のグレート義太夫が母の料理で食生活を改善!元嫁や子供は?

こんにちは。KENです!

今回はグレート義太夫さんを取り上げます。

2018年8月現在、彼は「オフィス北野」に所属するお笑いタレントとして活躍しています。

「たけし軍団」の一員でもある義太夫さんですが、ここに来て窃盗被害に遭っていたことを告白し世間の注目を集めています。

このことについて2018年8月16日に配信された「日刊スポーツ」は次のように報じています。

たけし軍団のグレート義太夫(59)が、
通院中の病院で現金を盗まれる被害に遭ったことを明かした。

義太夫は16日更新のブログで

「いい天気とは裏腹に気分はどんより。

これから警察行って被害届出さないと…。
気が重い」

と書き出し、
ツイッターで

「財布から金抜かれました。
それも紙幣だけ(笑)」

と明かした。

心配した元「ほっしゃん。」こと星田英利から

「ヒドい!楽屋ですか?
ぼくも経験あります。
ほんと、泣けてきますよね」

とのツイートを受け、

「これがね、
通ってる病院なんで、
何ともいかんしがたいのです(泣)」

と返信。

「現金だけ抜かれた場合は、
逆に特定するのが難しいらしい。

ま、泣き寝入り…。悔しいね」

と嘆いた。

同紙が報じている通り、被害に遭った場所は通院中の病院でした。

今回は病院で窃盗被害に遭ったグレート義太夫さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

グレート義太夫は重度の糖尿病!母の手料理で食生活を改善

たけし軍団の一員として名を連ねる義太夫さんですが、私生活では”ある病気”を患っていました。

その病気というのが「糖尿病」です。

彼に糖尿病が発覚したのは36歳の時。

それ以来、義太夫さんは20年以上も糖尿病と闘っていたのです。

彼の糖尿病について2018年7月22日に配信された「FLASH」は次のように報じています。

たけし軍団のメンバー・グレート義太夫(59)は、
糖尿病とつき合って23年になる。

発覚のきっかけは、
テレビのバラエティ番組だった。

「デブだけ集まって運動会をする『デブリンピック』という企画でした。

当時、
僕の体重は公称100キロ。

ところが、
番組であらためて測ったら、
88キロしかなかったんです。

折しも同じころ、
家で洋画を観ていたら、
字幕が急に読めなくなったり、
やたら喉が渇いてトイレが近くなったり、

ということが起きました。

そのときには、
糖尿病が進行していたんでしょうね」

そんなある日、
義太夫は突然、自宅で倒れてしまう。

救急車で病院へ運ばれ、
血液検査の後、医師の説明を受けた。

すぐに入院をしなければいけないレベルの糖尿病でした。

血糖値が630もあり、
病院歴代2位の数値だったそうです。

『普通なら昏睡状態ですよ』

とまで言われました」

即、入院し、
看護師からインスリンを打たれた。

偶然にも糖尿病が発覚した義太夫さんでしたが、彼は自身のなまけ癖が原因で治療を途中で放棄していたのです。

病院で3週間分の薬をもらい、
インスリン注射を打つようになったが、
調子がよくなったと勝手に判断し、
通院をやめてしまう。

3、4カ月たって病院に行き、
医師に怒られ、
また病院に行かなくなる……。

そんなことを繰り返すうち、
14年の月日が過ぎた。

このなまけ癖が祟って、現在では1日5時間を要する透析を週3日のペースで受けているとのこと。

しかし、糖尿病が重症化したことでさすがに危機感を覚えた彼は、母親が作る野菜中心の手料理に切り替えるなど食生活を改善したようです。

■母:鈴木コヲ

義太夫が糖尿病を患っており、
人工透析を1日5時間、
週3回行っていることや
母・鈴木コヲさんのもとを訪れ、
野菜中心の手料理を食べていることなどが紹介され、
大きな反響を呼んだ。

※「J-CASTニュース」より引用
(2014年10月1日配信)

スポンサーリンク

グレート義太夫と元嫁の離婚理由!再婚や子供は?

私生活では糖尿病ばかりが注目される義太夫さんですが、実は、彼には結婚歴があります。

彼が結婚したのは2002年の時。

しかし、結婚の事実は大々的には発表されず、2006年に離婚を公表したことで初めて世間が知るところとなったのです。

義太夫さんの離婚理由について2006年8月24日に配信された「サンケイスポーツ」は次のように報じています。

タレント、グレート義太夫(47)が
今年(2008年)2月に麻子さん(34)と離婚していたことが22日、分かった。

同日までに自身のホームページで明かした。

それによると、
離婚原因については

「すべて自分にある。

自分に大きな仕事が入り、
彼女の話を聞いてあげる時間が減ってしまったことが気持ちのすれ違いに拍車をかけた」

としている。

慰謝料や財産分与などについては明らかにしてない。

2人は平成14年(2002年)に結婚。

一度別居をして互いに考える期間を置いたが、
深まった溝を修復することはできなかった。

同紙が報じている通り、離婚理由は「気持ちのすれ違い」だったようです。

ただ、自身のHPでは「憎しみがあって別れたわけではない」と述べていることから、協議離婚と思われます。

ちなみに、元奥さんの麻子さんについては「3匹の猫を連れて家を出た」と語られているため、2人の間に子供はいないのでしょう。

彼女は、
3匹の猫を連れて、家を出ました。

ただ「憎しみあって別れた」のではないのが、
唯一の救いです。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする