【下ネタ】山形純菜に姉あり!父の名前&画像は?現在は燃え尽き症候群

こんにちは。KENです!

今回は山形純菜(やまがた じゅんな)アナウンサーを取り上げます。

2018年8月現在、彼女はTBSに所属する女子アナとして活躍しています。

学生時代は数々のミスコンに出場し、輝かしい実績を収めたことから”ミスコン荒らし”とまで呼ばれた山形アナですが、現在では「燃え尽き症候群」に陥っていることを告白し大きな注目を集めています。

このことについて2018年8月15日に配信された「デイリーニュース」は次のように報じています。

TBSの山形純菜アナウンサーが14日、
同局の「有田哲平の夢なら醒めないで」に出演。

ミスコン荒らしの過去を振り返り、
現在はミスコン燃え尽き症候群で目標を見失っている状態を明かした。

山形アナは大学3年時にミスインターナショナル日本大会グランプリに輝き、世界大会へ。

その後TBSに入社した。

高校時代にも「ミス盛岡第三」
実践女子入学後は1年で「ミス実践女子」
2年時には東京、大阪、福岡の大学ミスのトップ「Miss of Japan」に。

女性雑誌「JJ」のモデルも務めるなど、
華々しい実績を残している。

そして女性の憧れの職業であるアナウンサーとなったものの、
上司との面談で

「何がしたいのか?」

と質問された際に

「何もありません…」

と答えていたという。

ミスコン燃え尽き症候群に陥っていたといい

「何のために生きていいのか分からない」

と完全に目標を見失っている状態。

もともとミスコンに出始めたのは

「自分に自信がないから、
称号を得ないと認めて貰えない」

という気持ちからだったというが

「アナウンサーとして仕事をし始めて、
何が成功か明確にわからない」

と、
ミスコンのように、
優勝などの結果がわかりづらいことに戸惑いもあるようだ。

入社当初こそ

「東京オリンピックに関わりたい」

という夢もあったというが

「このままだと無理かな」

と早くも諦めムード。

「(ミスコンは)頑張る過程が楽しいが、
どこに目標を定めればいいのか。

いくらミスコンに出ても輝かしい未来はない

と話していた。

同紙が報じている通り、彼女は人生自体に意味を問うほど目標を見失っているようです。

今回は”ミスコン荒らし”と評されながらも、現在では「燃え尽き症候群」に陥っている山形純菜アナウンサーについて調べてみました!

スポンサーリンク

山形純菜が燃え尽き症候群に!でも下ネタ好き?

数々のミスコンに出場し、グランプリを総なめにした山形アナですが、彼女は下ネタも厭わないという意外な一面があったのです。

その事実が発覚したのは「今夜くらべてみました」でした。

というのも、その中で山形アナは彼氏の話題だけではなく、下ネタまで持ち出していたからです。

だが、
局内に広がっているのは待望論だけではない。

山形の奔放な学生生活を危惧する声も上がっている。

「山形さんは以前、
人気バラエティー『今夜くらべてみました』に出演し、
彼氏のことから下ネタまであけすけに喋っていた。

そのため、
入社前にスキャンダラスな写真でも流出するんじゃないかと心配する声もある」
(同前)

山形と親しい同級生は、
彼女が書いたツイッターへの書き込みを教えてくれた。

〈朝起きたらバラ100本お家に届いてて、
びっくりして何が起こったかわからず…

そしたら
彼が半年記念にってことで
こっそり用意してくれてたみたい。
ありがとう〉
(※現在このツイートは削除)

「この彼とはかなりラブラブだったようですね」(同前)

※「NEWSポストセブン」より引用
(2016年11月7日配信)

ただ、現在では番組の動画が存在していないため、彼女が何と言ったのかまでは不明です。

スポンサーリンク

山形純菜の姉は「えりか」で勤務先は野村證券?

気品漂う美貌で男性人気の高い山形アナですが、彼女にはお姉さんもいました。

お姉さんの画像がこちらです。

この画像は山形アナのインスタグラムにて公開されたものですが、現在ではアカウントが削除されているため、お姉さんの素性は分かりません。

ただ、一部ではお姉さんについて以下の情報が確認されています。

■名前:えりか

■勤務先:野村証券

しかし、上記の噂を裏付ける確証は存在しないため、あくまでも参考程度に留めておくといいでしょう。

山形純菜の父は高校の校長?名前&画像は?

山形アナの家族を調べたところ、「父親=教員」との情報が得られました。

22
名無しさん@恐縮です
2016/10/11(火)
23:48:59

お父さん盛岡三高の校長先生だったはず。

※5ch(2ch)より引用

上記の情報が事実だとすれば、彼女の父親は「山形守平」氏ということになります。

※「盛岡第三高校」より引用

「岩手の復興を考える」をテーマに、
1年間、
総合的な学習の時間に探究を進めてきた盛岡三高(山形守平校長、生徒846人)1年生286人は、
学習の集大成となるポスター発表会を行った。

※「岩手日報」より引用
(2018年3月7日配信)

しかし、父親についてもお姉さん同様に確証があるわけではないため、憶測の域を出ないと判断せざるを得ません。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする