【顔画像あり】日本大学チア監督:大野美幸の高校や経歴!Facebookは?

こんにちは。KENです!

今回は『日大チア部パ〇ハラ問題』を取り上げます。

この問題が発覚したのは2018年8月9日のこと。

本件について同日に配信された「毎日新聞」は次のように報じています。

日本大応援リーダー部(競技チアリーディング)の女性監督が女子部員にパ〇ハラをしたと、
学内の人権救済機関に認定された。

関係者への取材で判明した。

部員は精神的に追い詰められて適応障害と診断された。

運動部を統括し、
アメリカンフットボール部の内田正人前監督が事務局長だった保健体育審議会(保体審)に解決を求めたが
対応しなかったという。

日大のパ〇ハラ体質とガバナンス(組織統治)の欠如が再び露呈した。

監督は2011年ごろまで同部選手だったOGで15年度に就任した。

女子部員らによると2月5日、
全部員の前でこの部員を名指しし

「大雪の日に事務員に頼んで練習をなくそうとした」

事実でないことで叱責した。

この前後にも、
部員が強豪である出身高校のジャージーをはいていたことを見とがめ

「学校の恥。今すぐ脱げ」

と怒ったほか、
けがからの復帰が遅れているのをうそだと疑い
大会に出場させようとした。

他の部員からも責められて
自〇を考えるほど追い詰められ、
大学に通えなくなった。

同紙によると、問題の女性監督は2018年7月に該当の女生徒に謝罪したものの、現在においても部活の指導を続けているとのこと。

一体、この女性監督とは誰なのでしょうか?

今回は「悪質タックル」に続く不祥事として話題を集めている『日大チア部パ〇ハラ問題』について調べてみました!

スポンサーリンク

日本大学:応援リーダー部の女性監督は大野美幸!顔画像あり

冒頭の毎日新聞では問題の女性監督の名前は明かされていませんが、日本大学のHPより「大野美幸」氏であることが明らかになっています。

しかし、この一件が報じられた直後から応援リーダー部のHPは削除されており、現在では閲覧することができません。

ただ、裏を返せば、「HPの削除=事実関係を認めた」とも解釈できます。

日本大学からは女性監督の素性は公にされていないものの、該当のHPが削除されていることから、件の監督が大野氏であることは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

大野美幸の高校はどこ?経歴やFacebookは?

大野氏の経歴を調査したところ、「日本大学 習志野高校」を卒業していることが判明しました。

日本大学 習志野高校チアリーダー部 VENUS は地区予選を勝ち抜き、
8月下旬に国立代々木競技場で行われた「JapanCup 2015」に出場した。

演技指導をする顧問の大野先生は同部の卒業生。

卒業後もチアを続け、
教師となって同校に赴任。

「ポージングや選曲など、
まずは生徒たちの自主性にまかせ、
そこから修正していきます」

と話す。

※「My Funa.net」より引用
(2015年11月1日配信)

上記の通り、大野氏は日大習志野高校で教鞭を執っていたようです。

ただ、これ以上の詳しい素性については開示されていませんでした。

また、本人のFacebookも存在していないため、大野氏の私生活(結婚、家族)は不明です。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. AMネットワーク より:

    @cheeeeeeercher1 で検索すると
    結婚式のツイート(削除済)のキャッシュが見られます。

    結婚相手の名前あり。