【死因:癌】死去した松田宏の結婚や嫁,子供は?週刊新潮の元編集長

こんにちは。KENです!

今回は松田 宏さんを取り上げます。

2018年8月現在、松田さんは「新潮社」の顧問を務めています。

1993年~2001年まで同社の編集長を務めた彼ですが、ここに来て突然の訃報が報じられ世間の注目を集めています。

松田さんの死去についてTwitter上では次のような声が上がっています。

元週刊新潮の名物編集長・松田宏さんがなくなりました

今夜、お通夜です。

残念でなりません。

恩返しできぬまま、お別れです。

それにしても、
ドンピシャ台風。

嵐を呼ぶ男、
最後まで、やりやがった。

天国で、
腹抱えて笑ってますね。
豪快。

ただ、上記では詳しい死因については触れられていません。

一体、松田さんの死因は何だったのでしょうか?

今回は死去されたことが明らかになった「週刊新潮」の元編集長、松田 宏さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

週刊新潮の元編集長が死去!松田宏の死因は大腸がん

冒頭のツイートでは具体的な死因には触れられていませんでしたが、松田さんの訃報を調査したところ、死因が「大腸がん」であることが分かったのです。

彼の死因について2018年8月8日に配信された「スポニチアネックス」は次のように報じています。

新潮社顧問で「週刊新潮」元編集長の松田宏氏が5日、
大腸がんのため死去した。

77歳。

熊本県出身。

8日、新潮社が発表した。

芸能人とは違って表舞台に立つことのなかった松田さんは、人知れず癌と闘っていたのでしょう。

スポンサーリンク

松田宏の結婚や家族(嫁,子供)は?

77歳で死去された松田さんですが、彼の年齢を踏まえれば既に結婚して家族(嫁、子供)がいても不思議ではありません。

ただ、現在までに彼が自身の私生活を公表した事実はなく、また、今回の葬儀に至っても喪主の存在すら明かされなかったのです。

葬儀は近親者のみで執り行い、
後日、お別れの会を行う予定。

※冒頭のスポニチアネックスより引用

年齢から察するに、松田さんが結婚していた可能性は高いですが、家族に関する情報が一切公にされていないため、未婚なのか既婚であるのかは不明です。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする