【死因:癌】死去したジョエルロブションは結婚して嫁,子供あり!名前&画像

こんにちは。KENです!

今回はジョエル・ロブション氏を取り上げます。

「フレンチの神様」と呼ばれるほどフランス料理界に多大な影響を与えたジョエル氏ですが、ここに来て突然の訃報が報じられ世間の注目を集めています。

彼の死去について2018年8月7日に配信された「日テレNEWS24」は次のように報じています。

「フレンチの神様」として日本でも有名なシェフ、
ジョエル・ロブション氏が6日に死去した。

73歳だった。

フランスのメディアによると、
ロブション氏は6日、
スイスのジュネーブでガンのため死去した。

73歳だった。

ロブション氏は「フレンチの神様」と呼ばれるフランス料理の巨匠。

公式ホームページによると、
36歳で独立開業した店は、
当時、レストランの格付け本「ミシュランガイド」史上、
最短で三つ星を獲得した。

その後、
世界各地に店を展開し、
ミシュランの星を最も多く持つシェフとして知られている。

日本との関わりも深く、
都内でもレストランを開き、
人気を集めていた。

マクロン大統領は6日、

「ロブション氏の家族、
友人、
フランスの料理界に対し、
哀悼の意を表する」

との声明を発表している。

同局が報じている通り、ジョエル氏は癌により死去されたようです。

しかし、具体的な癌の詳細については触れられていないため、彼がどんな癌を患っていたのかは不明です。

今回は「フレンチの神様」と評されるジョエル・ロブション氏について調べてみました!

スポンサーリンク

ジョエル・ロブションが死去!死因は何癌?

73歳で死去したジョエル氏ですが、冒頭では具体的な死因には触れられていませんでした。

しかし、「NHK NEWS WEB」によると、「すい臓がん」の手術を受けていたことが分かったのです。

フランスのメディアによりますと、
ロブションさんは1年ほど前(2017年)にすい臓がんの手術を受けたあとも食への情熱を持ち続け、
ことし(2018年)5月には日本酒とフランス料理を楽しめるレストランをパリに開くため、
山口県岩国市の酒造メーカーを訪れていました。

(2018年8月6日配信)

これが直接の死因かは不明ですが、晩年のジョエル氏がすい臓がんを患っていたことは事実です。

そのため、すい臓がんと彼の死去が全くの無関係ということはないでしょう。

スポンサーリンク

ジョエル・ロブションは結婚して嫁,子供がいた!画像あり

ジョエル氏の私生活を調べたところ、既に結婚しており、家族(嫁、子供)がいたのです。

I just wanted to live a little,
to spend time with my wife and children.

※「Truly Experiences」より引用
(2014年11月7日掲載)

「children」(複数形)という表現から、ジョエル氏には2人以上の子供がいたことになります。

そこで、さらに調査を進めたところ、4人の子供に恵まれていたことが分かったのです。

Luc,
Kevin,
Victoria et Laura,
les 4 petits-enfants du célèbre cuisinier français Joël Robuchon.

※enfants=「子供」

※「http://enfantsdesstar.skyrock.com」より引用
(2008年9月11日掲載)

また、奥さんについては以下の画像が確認されました。

Wikipediaではジョエル氏の私生活については掲載されていませんが、上記の画像により、美男美女そろいの家族であることが分かりました。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする