【死去】穴吹義雄は結婚して嫁,息子あり!死因:敗血症の原因とは?

こんにちは。KENです!

今回は穴吹義雄(あなぶき よしお)さんを取り上げます。

あなたは穴吹義雄という人物をご存知でしょうか?

彼はかつて「南海ホークス」に所属するプロ野球選手(内・外野手)として活躍していました。

現役引退後は同球団の監督およびコーチを務めた穴吹さんですが、ここに来て突然の訃報が報じられ世間の注目を集めています。

彼の死去について2018年8月4日に配信された「サンケイスポーツ」は次のように報じています。

プロ野球の南海(現ソフトバンク)で選手として活躍し、
監督も務めた穴吹義雄氏が敗血症のため、
7月31日に亡くなっていたことが3日、分かった。

85歳だった。

多くの有望選手を高校に送り出したが、
06年に脳梗塞を患い、
15年の年末には脳内出血で堺市内の自宅前で倒れ、
療養生活が続いていた。

亡くなった7月31日は
「血圧が測れないほど低下する危険な状態」(関係者)で病院に向かったが、
診察前に眠るように息を引き取った。

会話ができなくなり、
面会には応じていなかった。

体重も60キロまで落ちていたが、
握力は最期まで強いままだったという。

同紙が報じている通り、穴吹さんの死因は「敗血症」でした。

今回は85歳で死去された穴吹義雄さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

穴吹義雄が死去!死因:敗血症の原因とは?

穴吹さんの死因となった敗血症とはどんな病気なのでしょうか?

「メディカルノート」によると、敗血症とは感染症がきっかけで発症する臓器の機能不全のようです。

感染源には「細菌」や「ウイルス」「カビ」などがあり、全ての感染症に伴って併発する可能性があるのです。

敗血症とは、
感染症をきっかけに、
さまざまな臓器の機能不全が現れる病態です。

重症化すると、
4人に1人が亡くなるといわれています。

あらゆる感染症が原因となる

敗血症は、
肺炎や尿路感染症、腹膜炎など、
あらゆる感染症に伴い発生する可能性があります。

細菌、
ウイルス、
真菌(かび)など、
あらゆる微生物が原因となりえますが、
なかでも最も多いものは細菌でしょう。

通常、
細菌やウイルスなど何らかの異物が体内に入ってくると、
免疫細胞が活性化され、
異物が増加しないように働きます。

このような防御反応は、
発熱や炎症反応という形で現れます。

敗血症は、
この防御反応が過剰に現れたり、
抑制されることで発生するといわれています。

(2017年11月9日掲載)

穴吹さんの場合、直接の死因は敗血症でしたが、生前の彼は何かしらの感染症を患っていたことになります。

スポンサーリンク

穴吹義雄は結婚して嫁,息子あり

85歳で死去された穴吹さんですが、気になるのは彼の家族(嫁、子供)です。

現在までに彼の私生活は明かされておらず、本人のWikipediaにも結婚や家族に関する情報は記載されていません。

しかし、「90s チョベリー」の記事から息子さんの存在が明らかになったのです。

「それで穴吹(義雄元南海監督)さんの息子さんが、
こんな雰囲気の中で日本じゃ練習もできないから、
ハワイはどうだと。

まあハワイなんか行ったこともなかったけど、
あれが例えばキューバとかフィリピンとかと言われても、
俺は行っていたと思う。

二つ返事だったもん。

ハイ! 行きたいですって」

(2017年6月28日配信)

ただ、明らかになっているのは息子さんの存在だけであり、その素性は奥さんも含めて謎のままです。

家族の素性が明かされていないことから察するに、恐らくは一般人なのでしょう。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする