【母と確執】西村知美&旦那は離婚した?娘:咲々は障害で似てない?子供画像あり

こんにちは。KENです!

今回は西村知美さんを取り上げます。

西村知美さんといえば、「芸映」に所属するタレントとして広く名前が知られています。
(2018年7月現在)

1980年代はアイドルとして一世を風靡した彼女ですが、私生活においては1997年に西尾拓美さんと結婚

その後、2003年には待望の第1子(娘)が誕生し、現在では1児の母親となっています。

順風満帆な人生を歩んでいるかに思えた西村さんですが、母親との確執を告白し世間の注目を集めています。

このことについて2018年7月23日に配信された「スポニチアネックス」は次のように報じています

タレントの西村知美(47)が25日放送のTBS特番「実家を片づけてみませんか?」に出演。

生前整理のため実家の片づけを行い、
長年にわたる母親との確執があったことを告白する。

同番組は「実家を片づける」様子に密着する“ほのぼの”社会派家族バラエティ番組の第3弾で、
タレントが実家を片づけるのは番組史上初。

昨年(2017年)、
父親が大病を患ったため、
実家の生前整理を行うと決意した西村。

これまでも片づけを通して、
さまざまな人間ドラマが生まれてきた同番組だが、
15歳でアイドルになるために実家がある山口県を離れた西村もまた、
母との長年の確執を告白し涙する。

片づけでは、
西村の学生時代の制服など“激レア”グッズが次々と発見され、
娘と軋轢があったはずの母が、
西村が活躍した雑誌などを切り抜いて作ったコレクションも見つかる。

同紙が報じている通り、彼女と母親は長年に亘って確執が生じていたようです。

今回は母親との確執を告白した西村知美さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

現在は和解!西村知美が確執のあった母親の画像をブログに掲載

母親との確執を告白した西村さんですが、現在では既に和解しており、自身のブログに母の画像を掲載していました。

今年(2018年)は、
たまたま母の日に私の母が東京に来ていました。

(中略)

母には、
スーパーで見つけた流行りの電球にいけたカーネーションをプレゼントしました。

そして、
ササ(=娘)が学校が始まってから、
主人と母とでランチへ。

上京して一人暮らしを始めてから、
母の有難さに気付き、
娘が産まれてから、
心強さを感じ、
母が手術をしてから、
母の存在の大切さを噛み締めています。

お母さん、
この歳になっても甘えてごめんね。

これからも元気で長生きしてください。

いつも感謝しています。

※公式ブログより引用
(2018年5月20日投稿)

スポンサーリンク

西村知美と旦那:西尾拓美は離婚した?

1997年に西尾拓美さんと結婚し、2003年には娘さんに恵まれた西村さんですが、一部では「旦那と離婚した?」と囁かれています。

西村知美さんは、離婚されていますか?

※「Yahoo!知恵袋」より引用
(2009年7月12日投稿)

しかし、2人は現在に至るまで1度も離婚したことはありません。/span>

ではなぜ、2人の間に離婚疑惑が浮上する事態となったのでしょうか?

その理由は西村さんの過去にありました。

実は、彼女は娘さんを授かるまでに不妊治療を受けていたのです。

しかし、それが原因となって2人は離婚危機に陥ってしまったのです。

離婚危機について「教えて!goo」では次のように解説されています。

1番の方が仰るように、
不妊治療による精神不安定と意見の食い違いから、
すれ違いの日々が続いたそうです。

知美さんは、
どうしても子供が欲しいので、
人工授精や体外受精をも提案したのですが、
ご主人の拓美さんは、
ご自分の倫理観の問題からこれを拒否したそうです。

そんなに子供が欲しいのなら、

体外受精でもOKしてくれる男性と結婚すればいいじゃないか

とまで言ってしまった拓美さんと、
「拓美さんの子供」が欲しいから思いつめている知美さんとの間に、
亀裂が生まれたのだそうです。

このままではよくないと思った拓美さんが、
治療を一時中断することを提案して、
知美さんもこれを受け入れます。

そんな折に、
例のチャリティー番組のマラソンの話が舞い込み、
夫婦で協力してこれをやり遂げたことで、
離婚の危機を乗り越えたそうです。

(2003年8月12日投稿)

西村知美の子供は障害で似てない?娘の名前は咲々

かつては不妊治療を受けていた西村さんですが、その後、妊娠・出産を経て娘さんを授かっています。

娘さんの名前は「咲々」(ささ)さんと言います。

咲々さんの画像がこちらです。

水島裕
‏@goofyalice2013

長年の仲間「西村知美さんと咲々ちゃん」

いつも、
気持ち良く観に来てくれます。

ありがとうね〜(^O^)

(2016年12月6日ツイート)

2018年7月現在、娘さんは14歳。

咲久さんは一般人として生活していますが、ブログなどで顔出ししているため、ファンの間では既に知られた人物となっています。

ただ、一部では「親と似てない」「障害がある」などの声が上がっています。

確かに、両親と比較すると、咲久さんはどちらにも似ていないという印象を受けます。

しかし、両親のどちらにも似ていないという子供は無数に存在しています。

そして、後者の「障害」説については、先の不妊治療が噂の出処と思われます。

一般的に否認治療を行った場合、子供に障害が残る確率が高いとされています。

この問題について2017年7月3日に配信された「女子SPA!」は次のように報じています。

――この本の中で一番衝撃的だったのは

顕微授精に代表される生殖補助医療によって生まれた子は、
そうでない子に比べ、
自閉症スペクトラム障害であるリスクが2倍である

という研究結果でした。

草薙:
私が取材を進めていく中で、
この記事を見つけたのですが、
この研究結果は、
2015年3月にアメリカの権威ある学術誌に掲載されて世界にショックを与えたものです。

しかし、
なぜか日本ではほとんど報道されていないのです。

■不妊クリニックは、ほとんどリスクを説明していない

――その「リスク2倍」という研究には、
「顕微授精に代表される~」とありますが、
顕微授精をする人は多いんでしょうか。

草薙:
多いようですね。

取材によると、
不妊治療の約80%が顕微授精だそうです。

過去に不妊治療を受けていたことが原因で「子供=障害」説が持ち上がった西村さんですが、彼女がそれを公表した事実はありません。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする