【訃報】梶山浩の死因は病気で糖尿病?年齢や顔画像は?漫画家が死去

こんにちは。KENです!

今回は梶山 浩さんを取り上げます。

あなたは梶山 浩という人物をご存知でしょうか?

2018年7月現在、彼は漫画家およびイラストレーターとして活躍しています。

これまで「シャイニング・フォース外伝」などの人気シリーズのキャラクターデザインを手掛けてきた梶山さんですが、ここに来て突然の訃報が報じられ世間の注目を集めています。

彼の死去について2018年7月16日に配信された「コミックナタリー」は次のように報じています。

マンガ家・イラストレーターの梶山浩が死去した。

梶山はイラストレーターとして、
ゲーム「ドラゴンマスターシルク」シリーズ、
「シャイニング・フォース外伝」シリーズ、
「黄金の太陽」シリーズのキャラクターデザインなどで活躍。

現在放送中のアニメ「七星のスバル」では、
精霊・使い魔デザインを担当していた。

マンガ家としては、
「DualSoulOneBody」のほか、
成人向けマンガを多く発表。

2017年からは月刊COMICリュウにて、
「カースブラッド」を連載していたが、
最近は休載が続いていた。

訃報は昨日14日に、
遺族が梶山のTwitterアカウントを通じて発表。

COMICリュウ編集部もこれを事実と認め、

「詳細がわかり次第
みなさまにご報告いたします」

としている。

今回は突然の訃報が報じられた漫画家、梶山 浩さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

訃報!死去した梶山浩の死因は病気?生前は糖尿病だった

息子さんの報告により訃報が伝えられた梶山さんですが、気になるのは死因です。

しかし、現在の時点では死因の詳細は公表されていませんでした。

ただ、彼を知る人間のツイートによると、生前の梶山さんは「糖尿病」(1型)を患っていたようです。

c.mos
@c_mos

えっ…(絶句)

1型糖尿病だったから、
何が起きても不思議じゃないとはいえ…。

以前は何時間も電話で話す仲だったけど、
ここ3年は音信不通。

たぶん私のせい。

彼からお薦めしてもらった本や映画やドラマなど、
大好きなものが一杯だった。

もう一度話したかった…。

心の整理がつかない…。

(2018年7月16日ツイート)

1型糖尿病とは、体内でインスリンを生成することができなくなる病気です。

これにより血糖値が上昇し、「動脈硬化」「合併症」を引き起こすとされています。

もし、梶山さんが1型糖尿病を患っていたとすれば、これが死因となった可能性は十分にあり得ます。

ただ、これは公式発表ではないため、参考程度に留めておくといいでしょう。

スポンサーリンク

梶山浩の年齢や顔画像は?

現在の時点では本人のWikipediaも経歴も公表されていなため、梶山さんの素性(年齢、顔写真)は分かっていません。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする