【現在は整体師】楽しんごの心霊写真は本物?愛車ブガッティも嘘&ガセ?姉あり?

こんにちは。KENです!

今回は『楽しんご』さんを取り上げます。

楽しんごさんといえば、「東京吉本」に所属するお笑い芸人として広く名前が知られています。
(2018年3月現在)

彼が芸人デビューを果たしたのは2006年の時。

当時は「しんご☆くん」名義でピン芸人として活動していましたが、2007年には「Mint姉弟」というコンビで「エンタの神様」に出演。

これにより知名度を上げた彼は、現在でも「楽しんご=ラブ注入」というイメージが定着しています。

2018年現在においても芸人活動を続けている彼ですが、近年では整体師の活動がメインになっているため、全盛期と比べてメディア露出は減っています。

しかし、ここに来て新コンビの結成が報じられ世間の注目を集めています。

このことについて2018年3月30日に配信された「ORICON NEWS」は次のように報じています。

お笑いタレントの楽しんご(38)が30日、
所属事務所を通じて新コンビ「おいなりさん」を結成したことを発表した。

楽しんごはボケを担当し、
ツッコミは渋谷りゅうき(33)が務める。

結成のきっかけについて楽しんごは

「初めて出会った時、
コンビを組むならこの人しかいないと思いました!」

といい、
渋谷は

「人を幸せにするため、
barを経営していた時に出会いました。

一緒ならもっとたくさんの人に笑顔届けられると感じ、
コンビを結成しました」

とコメント。

続けて、
楽しんごは

「日本人が大好きなおいなりさんのように、
みんなに愛されるコンビになります!」

と意気込み、
渋谷は

「僕らの持ち味を最大限に活かして活動していきます! 

たくさんの人に愛される二人組になれたらいいなと思います!!」

と力を込めている。

楽しんごは、神奈川県横浜市生まれ。

2007年独自のキャラクターと語感の良いフレーズでブレイクし、
11年『新語・流行語大賞』でラブ注入がトップ10入り。

渋谷は、
東京都町田市生まれで、
03年 国士舘大学 文学部 教育学科 卒業。

在学中は応援団に所属し、
鶴川支部長 兼 鼓手長を務めた。

教員免許保持する。
(中学社会/高校地理・歴史・公民/中学保体/高校保体)

同紙が報じている通り、新しいコンビ名は「おりなりさん」というようです。

今回は新コンビ結成を発表したお笑い芸人および整体師、『楽しんご』さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

現在は整体師!楽しんごの心霊写真は本物?嘘?

芸人と並行して整体師としても活動している楽しんごさんですが、ネット上では彼の撮影した心霊写真が話題となっています。

その心霊写真がこちらです。

この写真は彼が熱海に向かう際に撮影したものです。

電車の後部座席から前の座席をのぞき込む女性らしき顔が収められていますが、この1枚がテレビで放送されたことで大きな注目を集めました。

しかし、幽霊と思われる女性があまりにも明確に写り込んでいたため、一部では「本物?」「嘘」といった声が上がっていました。

その一例として「Yahoo!知恵袋」には次のような声が寄せられています。

楽しんごの心霊写真…
あれは作りものですか?

本物ですか?

怖くて今でも不安です

アレはハッキリ過ぎて嘘くさく感じましたが・・・

本人が本当だと言っているんだから、
そうじゃないんでしょうかね?

(2011年1月2日投稿)

現在でも心霊写真の真贋論争が続いていますが、オカルト研究家の山口敏太郎さんは、この心霊写真の正体を元相方と指摘しています。

このことについて山口氏は自身のブログで次のように述べています。

楽しんごが撮影したとされる心霊写真がやばすぎると一時期評判になった。

(中略)

この写真をいまだに本物と思い込んでいる方は多い

実はこの霊の正体は、
楽しんごの元相方・すぎはら美里さんの顔だというのだ。

たまたま覗かせた顔が不気味な霊に見えただけである。

※「妖怪王」より引用
(2014年1月11日投稿)

元相方として名前が挙がっている『すぎはら美里』(すぎはら みり)さんとは、エンタの神様時代に出演していた「Mint姉弟」でツッコミを担当していた女性です。

Mint姉弟は既に事実上解散しているため、芸能活動は一切行われていません。

しかし、心霊写真が取り上げられた2011年当時、Mint姉弟は活動中でした。

もし、問題の写真に写る女性が元相方だとすれば、これは心霊写真ではありません

スポンサーリンク

楽しんごの愛車はブガッティ!一部では嘘&ガセとの声も

近年では整体師としての活動がメインになっているため、表メディアで楽しんごさんの姿を見る機会は減少傾向にあります。

しかし、メディア露出が減ったからといって彼の収入も減ったわけではありません

むしろ、整体師の活動がメインになったことで彼の収入は上昇しているのです。

それを端的に物語るのが彼の愛車です。

なんと、彼の愛車は2億円以上もするスーパーカー「ブガッティ・ヴェイロン」なのです。

ブガッティの写真がこちらです。

高級車の代名詞ともいえるフェラーリやランボルギーニをゆうに凌ぐ価格であるブガッティを所有していることから察するに、彼の年収は数億円に達すると思われます。

しかし、一部では彼のブガッティ所有について「嘘」「ガセ」といった声が上がっています。

というのも、ブガッティはその価格もさることながら、一般人が容易に購入できる代物ではないのです。

実は、ブガッティを購入する際には厳正な素性調査が行われ、販売元から「不適格」と判断された場合は購入を拒否されてしまいます

実際に購入するに当たって
ブガッティおよびその車のイメージが損なわれることを避けるための審査が行なわれる

まず日本の代理店であるニコル・レーシング・ジャパンが顧客の情報を事前に確認
問題はないと判断された上、
職業
購入目的等(年収審査は存在しない)の情報をブガッティ本社に送り、
審査が行われる

※Wikipediaより引用

楽しんごさんは過去に傷〇事件を起こしているため、ブガッティを購入しようとしても素性調査の段階で弾かれる可能性が高いでしょう。

こうした理由により、彼のブガッティ購入に対して懐疑的な声が上がっているというわけです。

ただ、ブガッティを所有しているからといって彼が購入したとは限りません。

というのも、「まいじつ」では彼の裏にいる「パトロン」(出資者)の存在が指摘されているからです。

パトロンの存在について2016年6月16日に配信された同紙は次のように報じています。

「美容関係のオネエにパトロンがいるといいます。

隠れオネエ(オババ)には上場企業の社長なんてのもいますからね、
その手の人物をつかまえたのでは」
(同)

(中略)

「前に警察沙汰になったときの噂で、
楽しんごはオネエというよりスカ〇ロ派ではないかと言われたことがある。

実はそちらのほうが金持ちが多くて、
繋がりも深い。

とても彼の稼ぎで高級車を買えるとは思えない
(マニア雑誌編集者)

楽しんごのスポンサーが気になるところだ。

ネット上では楽しんごさんの黒い交友関係がたびたび話題になっていることから、彼のバックにパトロンがいたとしても不思議ではありません。

楽しんごに姉がいる?

公私に亘って話題性に事欠かない楽しんごさんですが、ネット上では「姉」という話題も持ち上がっています。

しかし、彼に姉がいるという情報は存在しません。

恐らく、この姉とは「Mint姉弟」の元相方であるすぎはら美里さんを指していると思われます。

コンビ時代には姉弟として活動していた2人ですが、実際のところ、彼らに血縁関係はありません。

その証拠に、楽しんごさんはコンビ時代に相方に告白しているのです。

2010年に『好きになった人』 にて元相方のすぎはらに公開告白をしたが、
断わられている。

※Wikipediaより引用

コンビ時代は姉弟という”設定”で活動していた2人ですが、現在では絶縁状態となっています。

その理由は、楽しんごさんが起こした〇行事件であるとされています。

元相方のすぎはらさん曰く、彼はすぎはらさんの友人を拉〇した上、〇行を加えていたとのこと。

このことについて2013年1月7日に配信された「ナリナリドットコム」は次のように報じています。

5日付けのエントリー「楽しんごについて」によると、

「いろいろな応答求めたものがこちらに来ますが、
私はある時期から縁を切っているので、
私からのコメントは一切ありません」

と、
コンビ解散から約3年が経過した今も、
すぎはらのもとには楽しんごについての問い合わせが来るそうだが、
現在は絶縁状態にあるという。

その理由は

「私の大事な友人に拉〇・〇行し、
全治2週間の怪我を負わせた為です。

その方は1年、
PTSDで病院に通いました」

と説明。

そして

「しんごのやったその理由も内容もあまりに幼稚だったため、
今まで私がされたことに関しては、
私が我慢すれば済むものとおさめてきましたが、
人としてもう有り得ないと思い、
今日に至ります」

と、
胸中を明かしている。

同紙が報じている通り、Mint姉弟が事実上の解散に至ったのは楽しんごさんの〇行事件が発端となっていたのです。

しかし、彼の所属事務所はすぎはらさんの告発を「デマ」と一蹴しています。

両者の意見が真っ向から対立しているため、彼女の告発した内容が事実か否かは分かりません。

スポンサーリンク
最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする