【右翼&ネトウヨ?】和田政宗は本名!嫁,子供は?

こんにちは。KENです!

今回は和田政宗議員を取り上げます。

和田政宗議員といえば、自民党に所属する参議院議員として広く名前が知られています。
(2018年3月現在)

和田議員が政治の政界に足を踏み入れたのは2013年の時。

現在でこそ政治家の職に就いている和田議員ですが、もともとはNHKアナウンサーとしてキャリアをスタートさせています。

任期1年目にも拘わらず、自民党の広報副部長を務める彼に対して党内からは今後の活躍を期待する声が数多く上がっています。

そんな和田議員ですが、「週刊文春」を告訴する意向であることが判明し世間の注目を集めています。

文春との裁判について本人は次のようにツイートしています。

和田 政宗
‏@wadamasamune

週刊文春の記事。

「和田政宗 
得意技は告げ口、弱い者イジメ」

とのタイトル、中刷りは、
本文中でも根拠が示されず名誉棄損。

刑事告訴民事訴訟を行うべく準備に入った。

文芸春秋社長、
編集長、
記事を書いた記者(実名公開予定)。

週刊誌は売れれば
訴訟で負けてもよい
という姿勢だが泣き寝入りはしない

(2018年3月29日ツイート)

上記にあるように、今回の告訴は文春が報じた事実無根の内容が原因だったようです。

今回は「週刊文春」を告訴する意向を表明した参議院議員、和田政宗氏について調べてみました!

スポンサーリンク

文春を告訴!和田政宗の本名や家族(嫁,子供)は?

文春が掲載した記事を巡り、訴訟準備に入ったことを明かした和田議員ですが、これに伴い、ネット上では彼の私生活(本名、家族)にも関心が集まっています。

「政宗」という名前から伊達政宗を連想する方は少なくないでしょう。

有名な戦国武将と同じ名前であることから、ネットの一部では「本名ではない?」という声が上がっています。

しかし、彼の名前を調査したところ、「政宗」が本名だったことが分かったのです。

自身の名前について和田議員は次のように述べています。

自己PR・ひとこと

私の名前「政宗」のもととなった伊達政宗の地に希望して参りました。

政宗の名に恥じないよう頑張っていきます。

※「NHK ONLINE」より引用

やはり、「政宗」という名前は伊達政宗に由来しているようです。

本名については上述した通りですが、ネット上では和田議員の家族(嫁、子供)にも関心が集まっています。

そこで、彼の家族について調べたところ、奥さん2人の子供(息子、娘)の存在が確認されたのです。

奥さんの名前は「美穂」さんと言い、2013年に行われた参院選では夫の応援に駆けつけていました。

美穂さんの画像がこちらです。

和田議員と美穂さんが結婚したのは2006年10月14日のこと。

奥さんは一般人であるため、詳細なプロフィールは公表されていません。

しかし、美穂さん本人のFacebookによると、彼女の出身地は群馬県 藤岡市のようです。

また、和田夫妻は2人の子供(息子)にも恵まれていました。

息子

本日は家族の人生上、
様々なことがあった一日。

午前は息子幼稚園入園式で、
本当にうれしく一家で過ごしました。

(2014年4月14日ツイート)

二日ほど前から、
娘(9か月)が正座をするようになった。

誰も教えていないのに自然と。

(2016年8月25日ツイート)

子供の名前や顔写真は公表されていませんが、上記のツイートから年齢は推測できます。

息子さんについては2014年4月に幼稚園に入園していることから、当時の年齢は満3歳以上。

「3年保育」と「2年保育」では入園できる年齢に違いがありますが、いずれにしても法律上では満3歳以上でなければ入園することは出来ません。

そのため、当時の息子さんが3歳だったと仮定すれば、現在では7歳もしくは8歳と思われます。
(2018年3月現在)

また、さんの場合は2016年8月の時点で「生後9ヵ月」とツイートされていました。

このことから、娘さんが生まれたのは2015年12月と推測できます。

つまり、現在の娘さんは2歳だと思われます。
(2018年3月現在)

スポンサーリンク

和田政宗は右翼?ネトウヨ?

任期1年目ながらも自民党の広報副部長を務める和田議員ですが、ネット上では「右翼」または「ネトウヨ」と噂されています。

そこで、彼の評判を調査したところ、噂に違わず、「右寄り」「保守色が強い」と評されていたのです。

和田議員の評価について2017年6月28日に配信された「河北新報」は次のように報じています。

「保守色が強い」
 
和田氏は13年参院選宮城選挙区(改選数2、当時)にみんなの党公認で立候補し、
初当選した。

(中略)

あるベテラン県議は

「政治スタンスが明確で、育てたい人物」

と歓迎する。

中堅県議は

「先鋭的な姿勢は、
保守色の強い支持者に受けている

と指摘。

「自民の中でも右寄り

との評は県連内で共通の見方だ。
 
和田氏は近著「日本の真実50問50答」(青林堂)で

「教育現場ではなぜ、
先の大戦で日本が悪いことをしたと教えるのですか」

との問いに、
米国の名を挙げ

「占領軍による洗脳工作が今も生きている」

と記した。
 
天皇制の項目では、
日本人の精神に触れ

「私たち一人一人の胸の内には…
世界を照らす神々しい光が宿っているのではないでしょうか」

と持論を説く。

また、上記以外にも和田議員は「右翼」と「左翼」の違いについて次のような見解を述べていました。

保守系ネットユーザーと左翼系ネットユーザーの違い②。

左翼

事実に基づかない批判を確認もせず都合良くつなぎ合わせ、
誹謗中傷を行う。

事実ではないので名誉毀損にあたること多数。

匿名をいいことに誹謗中傷を続けたところ、
大企業の社員や新聞記者、
大学の教員などと判明し職を失う人も。

保守系ネットユーザーと左翼系ネットユーザーの違い③。

保守

事実を調べ上げて批判

左翼

事実かどうか関係なく確認もせず誹謗中傷。

そのため、
事実をとことん調べ上げる保守系がネットの中間層にも浸透し、
メディアからの情報だけでなく
自ら情報収集をする若者世代の保守系支持傾向が強まる。

(2016年11月8日ツイート)

上記ツイートの通り、和田議員は右翼(保守派)を礼賛しています。

党内外からの評価に加え、和田議員本人も保守派を礼賛していることから、彼が右翼的思想であることは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする