【卒業】張織慧の中学,高校は岡山のどこ?中国国籍⇒帰化で炎上

こんにちは。KENです!

今回は張 織慧(ちょう おりえ)さんを取り上げます。

あなたは張 織慧という人物をご存知でしょうか?

2018年3月現在、彼女はアイドルグループ「STU48」として活躍しています。

彼女がSTU48に加入したのは2017年の時。

同年3月19日に開催されたオーディションに合格したことで張さんのアイドル人生がスタートしました。

同年3月31日にはSTU48の正式メンバーとしてお披露目され、今後の活躍が注目されていた彼女ですが、ここに来て突然の卒業が報じられ世間の注目を集めています。

張さんの卒業について2018年3月14日に配信された「徳島新聞」は次のように報じています。

徳島など瀬戸内海沿岸7県を拠点に活動するアイドルグループ「STU48」の張 織慧(ちょう おりえ)さん(16)が13日、
広島市で行われた「瀬戸内7県ツアー 陸上公演2018」でグループからの卒業を発表した。

学業に専念することを理由としており、
最終活動日は4月15日となる。

張さんは同日、
グループ公式サイトでコメントを発表した。

卒業の理由について

「STU48で1年間過ごさせてもらって、
自分の本当にやりたいことが見えてきました。

私はもっと色んな人いろんな世界の人と交流をしたいと思い、
学業への道を選ばせてもらいました

としている。

張さんは岡山県出身で、
両親が中国人

昨年(2017年)3月の最終オーディションで選ばれた1期生31人の1人で、
「おちょちゃん」の愛称で親しまれている。

徳島出身の三島遥香さん(19)と親交が深いことでも知られている。

グループ初のオリジナル曲「瀬戸内の声」では歌唱を担当する選抜メンバー16人に選ばれており、
1月31日発売のメジャーデビューシングル「暗闇」では
カップリング曲「非全力」を三島さんらと共に担当していた。

昨年の徳島新聞阿波踊り特集にも登場していた。

張さんの突然の卒業発表にメンバーにも動揺が広がっている。

テレビ出演のため公演に参加していなかったセンター瀧野由美子さん(20)は、
番組終了後にインターネット配信サービス「SHOWROOM」に出演して心境を語った。

発表に立ち会えないため、
張さんから事前に卒業を告げられていたとして

「おちょちゃんは私のことを自慢のセンターだと言ってくれていたけど、
おちょちゃんも自慢のメンバー。

残りの活動期間であと何回会えるのか」

と言葉を詰まらせ、
涙を流していた。

同紙が報じている通り、張さんの卒業理由は「学業に専念するため」でした。

2018年3月現在、彼女は高校1年生

同年4月から高校2年生になるため、自身の進路について考えた末にグループからの卒業を決断したのでしょう。

今回はSTU48からの卒業を決断した張 織慧さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

STU48卒業!張織慧の中学は岡山のどこ?高校は?

突然のグループ卒業により大きな注目を集めている張さんですが、その理由は「学業に専念するため」でした。

これに伴い、ネット上では彼女の学歴(中学、高校)にも関心が集まっています。

冒頭でも述べた通り、2018年3月現在、彼女は高校1年生。

張さんは岡山県出身であるため、ネット上では「高校=岡山」という声が散見されます。

しかし、彼女が通っている高校は岡山県内の学校ではありません。

というのも、張さんは広島県に引っ越していたのです。

そのため、彼女の高校は広島県内の学校ということになります。

ただ、現在までに張さんが通う高校が特定された事実はありません。

しかし、「アイドル図鑑」によると、彼女の高校は「全日制」ではないと記載されています。

張織慧 データあれこれ

(中略)

(7):広島に引っ越した

(中略)

(13):全日制の高校ではない

つまり、張さんの通う高校は「定時制」もしくは「通信教育」だと思われます。

高校については上述した通りですが、出身中学に関する情報も一切得られていません。

スポンサーリンク

中国国籍の張織慧が帰化発言で炎上

現在は中国国籍である張さんですが、将来的には日本国籍を取得すると発言しています。

その理由は過去の経験が大きく影響していました。

というのも、彼女は中国人であることが理由で、い〇めに遭っていたのです。

また、彼女の不幸はそれだけではなく、中国人であるが故に部屋探しでも苦労したとのこと。

これらの苦い経験がきっかけで、彼女は「20歳になったら日本国籍にする」と発言していたのです。

しかし、この帰化発言がきっかけで張さんは中国のネットユーザーから批判されることになってしまったのです。

このことについて2017年7月7日に配信された「Record China」は次のように報じています。

2017年7月6日、
日本のアイドルグループSTU48に在籍する中国人メンバーの張織慧が日本国籍を取得することについて、
中国のネットユーザーから賛否両論が巻き起こっている。

(中略)

現在は中国国籍だが、
今後は仕事で海外へ行く際にビザが必要になることも多いため、
20歳になったら日本国籍を取得する意向を明らかにしている。

日本で生まれ育ち、
中国語があまり話せないという張織慧だが、
日本語で語った動画に字幕をつけられたものが中国で拡散され、
ネットユーザーの目を引いている。

動画の中で張織慧は、
中国人だという理由で学校でい〇めに遭い
家族で引っ越しする時には部屋探しが難しかったことなど、
これまで経験した困難を告白。

さらに日本国籍の取得は中国を捨てるという意味ではなく、
自分は永遠に中国人であること、
今後は日中間で互いの先入観を少しでも変えられるよう努めたい
ことなどを語っている。

こういった張織慧のコメントに中国のネットユーザーも大きく反応し、
日本国籍の取得についても賛否両論が巻き起こっている。

「よりによって南京人が日本国籍?恥を知れ!

南京人が過去の屈辱を忘れるなんて、信じられない」

「中国語さえ話せないとは。
親の教育が悪いからこうなるんだ」

「中国人ならSNH48に入れよ」

「国籍を変えても根っこは変わらない。
国を愛する気持ちがあれば、何も問題ない

「“南京人のくせに恥を知れ”って!?
いつの時代の話だよ。
今の日本人が南京人に何をした?

「最近よく思う。
海外で生まれ育った中国人の方が、
本当の意味で愛国心を持っているなって」

同紙が報じている通り、彼女の帰化発言が発端となり、事態は炎上

しかし、張さんの発言を見れば分かるように、彼女は日本国籍を希望しているものの、それは「中国人を捨てる」という意味ではありません。

むしろ、彼女は自らを永遠の中国人と自覚しており、今後は日中関係の改善にも意欲を見せています。

そのため、張さんに対する批判は単なる言いがかりに過ぎません。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ys より:

    学校は朝日塾中等教育学校です。

    部活はダンス部で学校の友達です(中1です)

    友達から聞いて元アイドルと聞いて調べたら
    ほんとで学校関係があるので
    見てみたら広島に引っ越した

    たしかに引っ越していますが
    駅、バス(学校の)経由で学校に来ています