【肺癌】東てる美の娘に悲劇が!旦那とは不倫⇒結婚⇒離婚!小林旭と確執?

こんにちは。KENです!

今回は東 てる美(あずま てるみ)さんを取り上げます。

あなたは東 てる美という人物をご存知でしょうか?

2018年7月現在、彼女は女優およびタレントとして活躍しています。

かつては「渡る世間は鬼ばかり」に出演し、”小島邦子”役で一躍有名になったものの、現在では自身が立ち上げたビジネスに注力しており、実業をメインにしています。

女優だけではなく実業家の一面を持つ東さんですが、ここに来て「肺癌」を患っていることが発覚し世間の注目を集めています。

このことについて2018年7月13日に配信された「スポニチアネックス」は次のように報じています。

女優の東てる美(61)が肺腺がんを患っていることが12日、分かった。

早期発見で近日中に摘出手術を受ける予定。

しばらく仕事を休んで療養に努める。

関係者によると、
TBSの医療番組「名医のTHE太鼓判!」の企画で、
東は5月に人間ドックを受診。

心臓を中心とした検査だったが、
偶然にもエックス線検査で左肺に影が見つかった。

6月に精密検査を受けたところ、
肺腺がんと診断された。

現在のステージは1B。

腫瘍が3センチ強と小さいため
すぐに手術を受けることが可能で、
医師からは

「完璧に治る可能性が高い」

と言われている。

本人に自覚症状がなく、
悪性の腫瘍であったことを驚いている様子。

関係者は

「日常生活で息苦しさや肺の不調を感じることもなかったようです。

週に2、3回のフラメンコのレッスンを受けており、
体は健康そのもの」

と明かした。

現在も普段通りの生活を送っているという。

東は両親をがんで亡くしている。

タバコと酒が大好きということもあり

「今は2人に1人ががんになると言われているような時代。
私もいつかがんになる」

と覚悟をしていた。

ただ肺腺がんは症状が出にくいため、
検診で見つかったことを喜んでいる。

関係者にも

「私は早期発見でラッキーだった。
今後は検診の重要性を伝えたい」

と伝えている。

同紙が報じている通り、東さんの癌は早期発見だったため、完璧に治るようです。

今回は早期の肺癌が発覚した女優、東 てる美さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

東てる美は離婚していた!元旦那はマネージャーの山辺信雄

女優および実業家として活躍している東さんですが、私生活においては結婚および離婚を経験しています。

ポ〇ノ引退後、
マネージャーの男性と結婚し、
娘をもうけたが離婚

※Wikipediaより引用

山辺信雄…元マネージャー。

85年入籍、
95.06.07離婚。

23歳年上。
 
交際当初は不倫交際だった(山辺が離婚して結婚)。
 
結婚中は24時間行動を把握される事に息苦しさを感じていた。
 
離婚後も友人として交際。

※「有名人データベース」より引用

上記の通り、元夫は「山辺信雄」という男性であり、彼との結婚は不倫の末の”略奪愛”だったようです。

また、年齢については23歳差であることから、現在では84歳ということになります。
(2018年7月現在)

ちなみに、2人は1985年に結婚していますが、同年8月には子供(娘)さんが誕生しています。

スポンサーリンク

東てる美の娘(江梨)を襲った悲劇とは?

1985年8月に子供が誕生していることから、娘さんの年齢は32歳ということになります。
(2018年7月現在)

娘さんの名前は「江梨」さんと言い、かつては”子役”として東さんと共演したこともあります。

現在では既に芸能界を引退し、一般人として生活している江梨さんは2011年に結婚。

その後、同年4月には長女の「花南」(はな)ちゃんを出産しています。

このことについて2011年5月22日に配信された「日刊スポーツ」は次のように報じています。

女優・東てる美(54)が22日、
初孫の花南(はな)ちゃんを連れ、
東京・渋谷区の明治神宮にお宮参りに訪れた。

今年(2011)元日にキューバ系米国人のアレックス・フェルナンデスさん(36)と結婚した長女で元子役の江梨さん(25)が4月20日に花南ちゃんを出産。

上記の通り、江梨さんの旦那さんはアメリカ人でした。

子供にも恵まれた彼女ですが、実はこの直後に”ある悲劇”に見舞われていました。

実は、出産後にアメリカに帰国した江梨さんは夫の浮気を知ることになるのです。

この悲劇は、東さんが「徹子の部屋」に出演した際に明かされました。

東てる美がアメリカで結婚した娘の悲劇を明かした。

お産で日本に帰ってきていて、
しばらく日本にいて帰ったら、
別の女がいたという。

(2016年1月13日放送)

さらには、夫が一時期的に行方不明にもなっていたようです。

・里帰り出産をしている間に
長女の夫(外国人)が行方知れずになった。

※「有名人データベース」より引用

東てる美と小林旭に確執?

実業家として成功を収めている東さんですが、現在でも芸能活動を継続しています。

2014年には小林 旭さん主演の舞台に出演する予定だったものの、突然の降板。

この降板について彼女は小林さんによる”イ〇メ”だと主張していました。

この騒動について本人のWikipediaには次のように記載されています。

2014年3月19日から開幕した小林旭主演の舞台「熱き心で突っ走れ」では小林演じる織田信長の母親役で出演予定だったが、

「座長の小林さんから数々の暴言
い〇めまがいの演技指導を受け、
初日の4日前に一方的に降板させられた。
人権無視だ」

とフェイスブックで明かした。

東は15日夜に制作側から降板を告げられ、

「小林さんからの謝罪はありません」

「今までの女優人生で最悪の出来事。

クビなら補償しなければならないが、
私の都合で降りたなら
その必要もない。

小林さんのやり方はあまりにも汚い」

と取材してきた各マスコミに答えている。

これに対して、小林さん側は次のように反論しています。

同舞台には浅丘も出演しており、
小林は、

「あれ(あの騒動)は、
俺がとやかく言うより、
こっちが言った方がいいだろう」

と浅丘にバトンを託し、
浅丘が

あの人(東)だけ特別に(言ったんじゃ)じゃないんですよ。

あちらが、
抵抗というか反抗っていう言い方なさったので
ちょっと、声を荒げただけ。

それだけなの。

どうってことないの。

こちらは何も理不尽なこと言ってない

とフォロー。

小林は

「少しでもお客さんに楽しんでもらいたい。

その中で、
こうあってほしい、
こういう追い芝居をしてほしいというのがある。

(だから)『違うだろ、今の言い方は』

ってこっち(ルリ子)にも言うし。

それでよくなっていくの。

同じように、
(共演の)松方(弘樹)にもしかり」

と演技指導の意図を説明した。

東の場合は、

「今のは違うだろ」

と言ったところ、

「やってますよ!」

と返され、

「やってねえじゃねえか、この野郎」

という感情的になったことは認めた。

※「デイリーニュース」より引用
(2014年7月1日配信)

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする