【ハゲ⇒治った】松村香織は元キャバ嬢!母親の名前&画像あり

こんにちは。KENです!

今回は松村香織さんを取り上げます。

あなたは松村香織という人物をご存知でしょうか?

2018年7月現在、彼女は「SKE48」に所属するメンバーとして活躍しています。

松村さんがSKEに加入したのは2009年の時。

同年11月に開催されたオーディションに合格したことで”第2期生”としてデビューを果たした彼女は、アイドルとは思えない発言で良くも悪くも注目を集めています。

アイドルとしてはタブーとされている彼氏の話題も堂々とネタにしており、過去の恋愛については「一通り済ませています」と爆弾発言。

自由奔放な発言で常に注目の的となっている松村さんですが、ここに来て貯金額に言及したことで再び大きな注目を集めています。

このことについて2018年7月1日に配信された「日刊スポーツ」は次のように報じています。

SKE48チームK2が6月30日、
名古屋市のSKE48劇場で「最終ベルが鳴る」公演初日を迎え、
松村香織(28)が貯金額を暴露した。

「貯金額は何ケタ?」

とメンバーに問われ、

「後輩にたかられる」

と言いながらも指を4本、差し出し、
少なくとも1000万円以上の貯金があることを明かした。

松村は加入前、
キャバクラやメイド喫茶での勤務経験があり、
惣田紗莉渚(25)は

「アイドル(活動)だけでためたんですかね?」

と、
直球すぎる疑問を投げ掛けていた。

同紙が報じている通り、松村さんは1,000万円以上もの貯金があるようです。

ただ、彼女はSKE加入以前にキャバクラやメイド喫茶に勤務していた事実があるため、アイドル活動だけで貯めたわけではないようです。

今回は1,000万円以上の貯金が発覚した松村香織さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

キャバ嬢時代の画像あり!松村香織は詐欺師と交際する寸前だった

2009年にSKEに加入した松村さんですが、その前年(2008年)までは歌舞伎町のキャバクラに勤務していました。

当時の画像がこちらです。

※本人曰く、キャバ嬢時代の画像が流出した原因は隣に写る”先輩”とのこと。

キャバ嬢時代は「かりん」の源氏名で勤務しており、当時は月に40万円も稼いでいたと言います。

キャバ嬢時代について2015年7月2日に配信された「女性自身」は次のように報じています。

「松村さんとは、
’08年に新宿・歌舞伎町のキャバクラ『G』で一緒でした。

彼女の源氏名は『かりん』

当時はアイドルになりたいなんて言っていなかったな」
 
そう話すのは当時の同僚。

SKE48に合格する前、
松村は新宿の中級店でキャバ嬢として働いていた。

ロリ顔がチャームポイント。

月1回のコスプレイベントでは、
大好きなメイド服を着ていた。

「かりんちゃんはひと月で40万円稼いだことも。

お客さんに合わせて、
若いお客さんに

『なんで来てくれないの!』

とワガママ言ったかと思えば、
年配のおじいさんには、
孫みたいに話を聞いていました。

店にいたのは半年ぐらいでしたね」
(元同僚)

神対応のかりんちゃんには、意外な一面も。

「ついたお客さんの人数やドリンクの売り上げを、
毎日手帳にメモっていました。

給料日には、
もらった金額と手帳を照らし合わせて、

『金額が違います!確認してください』

と店長に指摘してました。

しっかり者でした」
(同)

同誌が報じている通り、彼女はキャバ嬢時代から”神対応”だったようです。

本人もキャバクラ勤務を”事実”と認めており、同誌の取材に対して次のようにコメントしています。

「はい、
この頃はお金がなくてキャバクラでバイトしていたんですよ。

でも、今考えると
この顔でキャバクラなんて、
ホント、お客さんに申し訳ないですよね」

わずか半年とはいえ、キャバクラに勤務していた経験は確実に松村さんのキャリアアップに貢献したことでしょう。

ちなみに、キャバ嬢時代の彼女は詐欺師と交際寸前まで発展したことがあるようです。

このことについて2018年5月20日に配信された「AbemaTV」は次のように報じています。

当時松村は気になっている客がおり、
ディズニーデートを楽しむなど、
「いい感じ」の雰囲気だったとのこと。

だが、
松村はある時、
男性の携帯に保存されていた“真っ黒な動画”を見つけてしまう。

動画を再生してみると、
オレオレ詐欺の現場での会話と思われる音声が流れてきたといい、

「たぶん、
詐欺やってた人なんですよ」

と衝撃の告白。

音声の中でその男性は、
後輩と思われる人物に指示を出していたという。

この一件以来、彼女は問題の男性と連絡を絶ったようです。

しかし、この動画の存在に気付かなければ、松村さんは詐欺師と交際に発展していたことでしょう。

スポンサーリンク

松村香織の母親は高齢出産で離婚していた!名前&画像あり

2018年7月現在、松村さんは28歳。

それに対して、彼女の母親は「妙子」さんと言い、年齢は71歳です。

つまり、妙子さんは43歳の時に娘を出産したことになります。

母親は過去にテレビに出演したことがありますが、その際、ファンからは「高齢すぎるのでは?」という声が数多く上がっていました。

もちろん、これは妙子さんが高齢出産であるためです。

また、妙子さんは娘を出産した後に夫と離婚しているため、女手ひとつで松村さんを育ててきました。

このことについて「AKB48総選挙直前SP」では次のように掲載されています。

彼女が待っていたのは母・妙子さん。

70歳になる妙子さんは現在(2017年)埼玉県で一人暮らし。

松村香織を出産したのは43歳の時。

その後は離婚を経験し、
女手一つで娘を育てる。

オーディションを受けようか悩んでいたのも母には言わなかった、
結構勝手にやっていた部分が多かった、
1人で家にいさせるのは申し訳なかったと松村香織は語る。

松村一家は決して裕福な家庭ではなく、
香織は幼いころから母の苦労を目の当たりにしてきた。

香織はパートに出掛ける母にその当時もすごいなって思っていたけど、
実際働いてみたら
もっとあの時ありがとうって言っておけばよかったなどと語る。

今では気持ちの通じる母娘となった2人。

ここで妙子さんが娘・香織へ向けた手紙を読む。

「あなたは幼少の頃から一人っ子の割には人見知りもなく、
とにかく活発な女の子でしたよね。

頭も二回ぐらい切って縫ったことがありますよね。
覚えてる?」

「お赤飯が大好きでしたよね、
今でも好きでしょ」

「親離れも早く、
母の方が子離れが出来ず寂しく思う時がありました。

でも今はその分たくさんの親孝行してもらっています。

今の香織があるのは自分の努力ももちろんでしょうが、
ファンの方たちの大きな支えがあってのことを忘れずに頑張ってほしいと思っています。

いつも楽しみにしています。

1番のファンですよ。母より。」

などのメッセージ。

香織は

「ちょっとでも自慢の娘になれるよう頑張ります」

など述べ、
妙子さんは

「今でも十分自慢よ」

などと返した。

(2017年6月17日放送)

SKEに加入に際しては、「母親に一切の相談はなかった」と語る松村さんですが、SKEに加入したことで以前よりも母娘の絆が強くなったようです。

松村香織は脱毛症だった!ハゲ画像あり

SKEに加入してからはアイドルらしからぬ自由奔放な発言で注目されている松村さんですが、その裏では相当なストレスを抱えていたようです。

というのも、彼女は脱毛症に悩まれていたからです。

彼女は自身のブログを通じてその事実を公表していたため、高須クリニックの院長である高須幹弥さんがサポートを申し出たことが大きな話題となりました。

このことについて2013年6月17日に配信された「J-CASTニュース」は次のように報じています。

高須クリニック名古屋院院長の高須幹弥(38)は、
薄毛に悩んでいるSKE48の松村香織の治療を

「正式に引き受けることになりました」

と6月15日(2013年)のブログで発表した。

以前から2人はお互いのブログやグーグルプラス上でやり取りをしていた。

松村はグーグルプラス上に髪の毛をかきあげた写真を公開しているが、
高須さんは

「正直言って、
想像していた以上に重症です」

と驚く。

「考えられる原因としては、

・無理なダイエットによる栄養失調 

・ハードな仕事からのストレス 

・深夜にGoogle+をアップするためからの睡眠不足でしょう」

と見立てを書いた。

まだ直接診察をしていないと断った上で
間違った頭髪のケアやストレスの可能性も挙げた。

松村さんが公開した画像がこちらです。

彼女自身も「ハゲてる」とネタにしていた脱毛症ですが、高須さんの治療により、2015年までに完治していたことが分かっています。

また、脱毛症で、
粉を振り掛ける毎日だったことまで告白。

ずっとハゲてたんですけど、
やっと治りました。

某クリニックの高須先生、
ありがとうございます!」

と有名美容整形医師の名を挙げ絶叫。

※「日刊スポーツ」より引用
(2015年6月7日配信)

自身の脱毛症ですらネタとして笑い飛ばすことのできる松村さんなら、SKEを卒業したとしても芸能界の荒波を生き抜いていけることでしょう。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする