【相武紗季と姉妹】音花ゆりの結婚相手は藤澤信義?旦那の顔画像や本名

こんにちは。KENです!

今回は『音花ゆり』さんを取り上げます。

あなたは音花ゆりという人物をご存知でしょうか?

彼女はかつてはタカラジェンヌとして活躍していました。

音花さんが宝塚デビューを果たしたのは2001年の時。

入団当初は”宙組”に配属されたものの、ほどなくして”星組”所属となり、娘役として大きな人気を博しました。

2015年に宝塚を退団した彼女は舞台を中心に活動しているため、全国区の知名度はありません。

しかし、彼女が相武紗季さんの実姉であることが判明したことで一定の知名度を得ています。

私生活では既に結婚しており、現在では芸能活動を休止している音花さんですが、彼女の姿がインスタグラムに掲載されたことで再び注目を集めています。

このことについて2018年6月29日に配信された「ORICON NEWS」は次のように報じています。

俳優の玉木宏(38)と結婚した木南晴夏(32)の姉で女優の木南清香(36)が29日、
自身のツイッターとインスタグラムを更新し、
妹・晴夏の結婚を祝福した。

「姉妹会」の書き出しで相武紗季(33)、
音花ゆり姉妹との写真を添え

「この数日…
本当にたくさんのおめでとうを目にして耳にして。

妹が、、、
本当に沢山の方に愛していただいていることを知り、
私まで幸せな気持ちで胸がいっぱいになりました」

と思い吐露。

「先日、
相武姉妹と姉妹会アフタヌーンティーでお祝い 
#姉妹っていいね 
#おめでとう」

と祝福した。

2018年2月より芸能活動を休止している音花さんですが、私生活では健康な生活を送っているようです。

今回は元宝塚女優、『音花ゆり』さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

相武紗季と姉妹!音花ゆりの結婚相手は藤澤信義?旦那の顔画像は?

2018年2月に結婚を公表した音花さんは自身の結婚について次のようにコメントしています。

女優の相武紗季(32)の姉で元宝塚歌劇団の女優・音花ゆり(34)が6日、
自身のインスタグラムを更新し、
一般男性と結婚したことを発表した。
 
音花は

「私事ですが…
先日、入籍致しました 

お相手は芸能関係の方ではなく、
一般の方です」

と報告。

「そして
これを期に舞台などのお仕事を休憩させて頂く事に決めました」

と活動を休止することを明かした。

※「スポーツ報知」より引用
(2018年2月6日配信)

同紙が報じている通り、旦那さんは一般人であるため、詳しい素性(名前、顔写真)などは公表されていません。

しかし、海外メディア「Asia Sentinel」では結婚相手の名前が掲載されていたのです。

このことについて2018年1月21日に配信された同紙は次のように報じています。

The 48-year-old Fujisawa seems to have made other lifestyle changes as well,
divorcing his previous wife
and marrying the 35-year-old Yuri Aibu in December.

上記にある「Fujisawa」とは、「Jトラストグループ」を率いる藤澤信義氏のことです。

2013年のフォーブスによると、彼の個人資産は800億円。

40 – 藤澤信義
8.2億ドル
800億円
Jトラスト

※「知識連鎖」より引用

日本屈指の富豪である藤澤氏ですが、確かに彼は芸能人ではなく”一般人”です。

同紙には藤澤氏の結婚相手が「Yuri Aibu」と掲載されており、「ゆり」という点については音花さんの名前と一致しています。

さらに、彼女が相武さきさんと姉妹であることから、音花さんの本名「相武ゆり」である可能性が高いと思われます。

もし、音花さんの結婚相手が藤澤信義氏であれば、”超玉の輿婚”ということになります。

スポンサーリンク

音花ゆりの本名は相武由莉

音花さんの本名が「相武ゆり」であれば、彼女の旦那さんが藤澤信義氏であることはほぼ間違いないでしょう。

そこで、彼女の本名について調査したところ、「相武由莉」であることが判明したのです。

その根拠となったのがFacebookでした。

実は、音花さんはFacebookを利用しており、その登録名が「相武由莉」だったのです。

現在の時点では音花さんの結婚相手は公表されていないものの、これまでの情報を踏まえると、旦那さんが藤澤氏であると見て間違いないでしょう。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする