【スキャンダル】チョジェヒョンの相手女優は誰?息子,娘の画像あり

こんにちは。KENです!

今回はチョ・ジェヒョンさんを取り上げます。

あなたはチョ・ジェヒョンという人物をご存知でしょうか?

2018年6月現在、彼は俳優として活躍しています、

チョさんがデビューしたのは1989年の時。

2019年でキャリア30年目に突入するベテラン俳優ですが、韓国を中心に活躍しているため、その存在は日本ではあまり知られていません。

しかし、ここに来て女性スキャンダルが明るみに出たことで世間の注目を集めています。

このことについて2018年6月22日に配信された「朝鮮日報」は次のように報じています。

俳優チョ・ジェヒョンが、
自分から〇的〇行を受けたと主張する在日韓国人の女優との件について立場を表明した。

チョ・ジェヒョンは22日午後、
法律代理人を通して、
この女優が行っている主張に関して自らの立場を公表した。

この女優は今月20日にあるメディアのインタビューを通して、
2002年にチョ・ジェヒョンが、
工事中だったテレビ局のトイレで自分を〇行したと主張した。

チョ・ジェヒョンは今回の公式見解で、
これまでのこの女優との関係について説明すると共に、
〇行はなかったと主張した。

チョ・ジェヒョンは

「私は在日韓国人女優だけでなく、
誰にも〇的〇行はしていない」

と主張した。

さらに

「もちろん、
私によって傷つけられた方がまだいるということはよく理解している。

私もまた、
その方々に生涯贖罪する気持ちで生きなければならないと理解している。

だが、
こうした私の立場を利用してウソと脅迫で不合理な要求をするのなら、
法的に強く対処するしかないことを表明する」

と、心境を告白した。

チョ・ジェヒョンは22日午後、
法律代理人を通して、
問題の女優を相手取り
常習恐喝、
恐喝未遂などの疑いでソウル中央地検に告訴状を提出した。

同紙が報じている通り、チョさんは在日韓国人の女優からレ〇プ疑惑を告発されていました。

しかし、彼は相手の主張を事実無根と一蹴。

また、それに伴い、相手女優を告訴していました。

双方の主張が真っ向から対立しているため、どちらの言い分が真実なのかは分かりません。

今回は在日韓国人女優への〇行疑惑で渦中にいるチョ・ジェヒョンさんについて調べてみました!

スポンサーリンク

チョ・ジェヒョンにスキャンダル!告発した相手女優は誰?

在日韓国人女優による告発で〇行疑惑が浮上したチョさんですが、一体、この女優は誰なのでしょうか?

そこで、この相手女優について調査したものの、これまでに実名が特定されたという事実は確認できなかったのです。

しかし、この女優については以下の情報が得られています。

年齢は42歳
(2018年6月現在)

本日(20日)、
SBS funEは16年前にテレビ局のトイレで、
チョ・ジェヒョンから〇的〇行を受けたという在日韓国人の女優A氏42)とのインタビューを公開した。

※「Kstyle」より引用
(2018年6月20日配信)

現在でも精神科に通院している

Aさんは当時20代前半だったが、
これによって大きなショックで自〇未遂までするほどで、
うつ病を患った。

Aさんは演技活動の支援もまともに受けられず、
2007年に夢を諦めて日本に帰ったが、
相変わらず精神科での治療を受けながら
つらい日々を過ごしているという。

※「WoW!Korea」より引用
(2018年6月20日配信)

これらの情報を踏まえると、この女優は当時からそれほど有名ではないことが窺えます。

そのため、相手女優の素性を特定することは困難かもしれません。

スポンサーリンク

チョ・ジェヒョンは結婚して嫁あり!娘,息子の画像も

女性スキャンダルに見舞われたチョさんですが、私生活では既に結婚しており、2児(息子、娘)の父親になっています。

彼の家族については以下の情報が得られています。

[結婚] 既婚者

1989年
24歳で結婚

妻の名前キム・ジスク

息子チョ・スフンは元スケート選手(ショートトラック)

チョ・ヘジョンは女優

亡くなった実兄チョ・スヒョンはMBC撮影監督

※「韓国ドラマ俳優・女優名鑑プロフィール一覧 」より引用

冒頭でも触れたように、チョさんは1989年に芸能デビューを果たしています。

つまり、彼はデビューした年に結婚していたことになります。

ちなみに、子供の写真がこちらです。

■チョ・スフン(兄)

■チョ・ヘジョン(妹)

2人とも容姿端麗であり、過去には熱愛スキャンダルが取り沙汰されています。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする