【彼女と結婚】鈴木もぐらの嫁,ともみはモデル?ネズミの病気とは?

こんにちは。KENです!

今回は『鈴木もぐら』さんを取り上げます。

画像:左
本名:鈴木翔太

あなたは鈴木もぐらという人物をご存知でしょうか?

2018年6月現在、彼は「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」に所属するお笑い芸人として活躍しています。

水川かたまりさんとコンビ「空気階段」を組み、精力的に活動を続けている鈴木さんですが、ここに来て彼女との結婚が報じられ世間の注目を集めています。

このことについて2018年6月9日に配信された「お笑いナタリー」は次のように報じています。

空気階段・鈴木もぐらが、
昨年2017年9月より交際していた一般女性の“ともみさん”と9月13日に結婚する。

昨日6月8日深夜の「空気階段の踊り場」(TBSラジオ)にて自ら発表した。

もぐらは30歳まで交際経験がなく、
ともみさんはこの番組内で告白に成功して付き合った初めての彼女

ともみさんが現在妊娠7カ月であることも昨日の放送で明らかとなった。

600万円の借金を抱えて“クズ芸人”とも評され、
周囲から心配の声が寄せられるもぐらだが

「本当にがんばるよ。
借金返す。
私は今日でクズをやめます」

と前向きに宣言している。

同紙が報じている通り、鈴木さんの結婚相手は一般人の「ともみ」さんでした。

ただ、ともみさんは一般人であるため、顔写真や年齢などの詳細は公にされていません。

今回は人生初の彼女と結婚することが報じられた芸人、『鈴木もぐら』さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

鈴木もぐらが彼女(ともみ)と結婚!嫁は元モデル?

人生初の彼女と結婚した鈴木さんですが、これに伴い、ネット上では奥さんにも関心が集まっています。

鈴木さんから告白したことでともみさんと交際をスタートさせたものの、もともとは彼女の方から告白されていたのです。

しかし、鈴木さんはこの告白を1度断っていました。

ただ、その後も連絡を取り合っている内に、やがて鈴木さんも本気になり、彼の方から再び告白する形で交際がスタートしたのです。

2人の交際についてラジオ「空気階段の踊り場」では次のように語られていました。

この夏もぐらは、
ともみちゃんという女性に告白されたのにお断りする…
という出来事があったようです。

「は?
つまんない嘘ついてんじゃねぇよ」

という声が聞こえてきそうですが、
どうやら本当のようで。

ただ、
これで話は終わりじゃなく…

その後も連絡を取り合ううちに、
今度はもぐらの方がともみちゃんのことを好きになってしまいました

ここで、もぐらから急な提案。

もぐら

「一つお願いがあるんだけど…、
(番組の)エンディングでともみちゃんに告白をしたいんだ

(2017年9月8日放送)

ラジオの放送中にともみさんに告白したことで交際に発展した2人ですが、これまでに具体的な馴れ初めは語られていないため不明です。

ちなみに、ネット上ではともみさんについて「モデル」という話題が持ち上がっています。

実は、「鈴木もぐら」で検索すると、「モデル」というワードが表示されるのです。

しかし、冒頭でも触れたように、ともみさんは一般人であるため、モデルではありません。

また、彼女がモデルとして活躍していたという事実も確認されていないことから、この噂はデマと見ていいでしょう。

恐らく、この噂が浮上した背景には「鈴木もぐら」「モデル」という関連ワードが誤解されたことにあると思われます。

あなたは「モグラ女子」という存在をご存知でしょうか?

このモグラ女子とは、「モデル」と「グラビア」を両立させている女性を指す言葉です。

「モデル」+「グラビア」で「モグラ」と呼ばれているわけですが、その代表的な人物が泉 里香さんです。

そして、このモグラ女子の中には「鈴木友菜」(すずき ゆうな)という女性が存在していました。

女性ファッション誌『non-no』モデルの鈴木友菜(25)が、
6日発売の『週刊プレイボーイ』47号に登場。

人気急上昇中の注目“モグラ”美女が、
麗しのビキニ姿で時代の到来を宣言した。

※「eltha」より引用
(2017年11月7日配信)

ネット上では「鈴木もぐら」「モデル」というワードで検索されていますが、これは芸人の鈴木さんを指しているのではなく、モグラ女子の鈴木友菜さんを意味していると考えられます。

この仮説を前提にすれば、「鈴木もぐら」と共に「モデル」というワードが検索されていることにも納得できます。

スポンサーリンク

鈴木もぐらがネズミの病気に感染していた

600万円もの借金を抱えていることからも分かるように、鈴木さんは決して裕福な生活を送っていません。

彼の極貧生活を物語るものとして“ネズミ”との同居が挙げられます。

鈴木さんはネズミが大量に居座っているアパートに暮らしていた時期があり、それが原因で“ある病気”に感染してしまったのです。

この時のエピソードについて2018年3月5日に配信された「日刊ゲンダイDIGITAL」は次のように報じています。

「これはひどい。
ネズミしかかからない炎症です。
今すぐ入院してください」

こう言われたのは救急外来で訪ねた新宿区内の大学付属病院でした。

13年の秋。

喉の奥が腫れて唾も飲み込めなくなるほど痛くて、
おまけに発熱、
倦怠感が3日ほど続いていました。

原因は4畳半一間の下宿先に同居していたネズミたち。

向こうにしてみたら先にすんでたのは自分たちで、
引っ越して3年半ほどの僕は新参のヨソ者。

我が物顔で夜になると天井で運動会です。

時には床に下りてきて、
買い置きのパンのクリームやジャムだけを食べるヤツも。

そんな環境だから、
いつの間にか病原菌を吸い込んでいたみたい。

不衛生な環境で過ごしていたことで「ネズミしか罹らない病気」に感染していた鈴木さんですが、具体的な病名は公表されていないため不明です。

ただ、ネズミが原因で感染する病気としては「ペスト」や「ハンタウイルス肺症候群」などが存在します。

いずれも一歩間違えれば生死に関わる病気であるため、彼が命を落とさなかったのは幸運だったとしか言いようがありません。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする