【経歴&高校】鶫真衣は2016年に結婚した?夫や子供は?

こんにちは。KENです!

今回は鶫 真衣(つぐみ まい)さんを取り上げます。

あなたは鶫 真衣という人物をご存知でしょうか?

2018年6月現在、彼女は陸上自衛隊に所属する自衛隊員として活躍しています。

鶫さんが自衛隊に入隊したのは2014年の時。

中学時代に観た「おかあさんといっしょ」に登場する“うたのおねえさん”がきっかけとなり、彼女も歌うことに興味を持ち始めました。

その後、高校・大学では声楽を学び、2014年に声楽要員として自衛隊に入隊。

その経歴からメディアでは「陸自の歌姫」と呼ばれ、被災地などを慰問する際には鶫さんは美しい歌声を披露し続けています。

そんな彼女ですが、ここに来てCDデビューが報じられ世間の注目を集めています。

このことについて2018年6月7日に配信された「デイリーニュース」は次のように報じています。

兵庫県 伊丹市に所在する陸上自衛隊 中部方面音楽隊が、
アルバム「いのちの音」で27日にメジャーデビューすることが6日、分かった。

ソプラノを担当する鶫 真衣3等陸曹(30)が、
慰問演奏などで歌う姿がSNSなどで注目され、CD発売に至った。

(中略)

鶫3曹は、
国立音大、
洗足学園音大 大学院で声楽を専攻し、
14年に陸自に声楽要員として入隊した。

「ホール演奏だけでなく、
被災地での慰問演奏など、
より近い距離で音楽を届ける活動は、
自衛隊でしかできないと思った」
(鶫3曹)

という。

入隊後は、
関西や中四国などを中心に、
国家行事での国歌斉唱や慰問コンサートを開催。

SNSなどで注目を集めた。

16年8月に大阪の演奏会で披露したAKB48の「365日の紙飛行機」は
YouTubeで126万回再生されるなど、
すでにCDデビューしていた三宅海自3曹と人気を二分する存在となり、
日本コロムビアからCD発売のオファーを受け、快諾した。

今回は念願のCDデビューが報じられた「陸自の歌姫」こと鶫 真衣さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

鶫真衣は2016年に結婚した?夫や子供の情報は?

2018年6月現在、鶫さんは30歳。

彼女の年齢を考えれば既に結婚している可能性は大いにあり得ます。

しかし、鶫さんはFacebookやTwitterを利用していないため、私生活を知る手立てはありません。

自衛隊の広報やマスコミの報道でも彼女の結婚については一切触れられていないことから、現在においても未婚独身だと思われます。

ちなみに、彼女の結婚について調査すると「2016年」というワードが表示されていますが、これは「2016年に結婚した」という意味ではありません。

恐らく、2016年当時から鶫さんの結婚歴が話題になっていたために、「結婚」「2016年」という話題が関連付けられているだけでしょう。

結婚の事実が確認されていないため、当然のことながら、子供(息子、娘)に関する情報も一切得られていません。

スポンサーリンク

鶫真衣の経歴や高校について

冒頭でも触れたように、鶫さんは「国立音楽大学」を卒業後に「洗足学園音楽大学 大学院」に進学しています。

大学(院)でも声楽を学び続けた彼女ですが、出身高校については言及されていません。

一体、鶫さんはどこの高校を卒業しているのでしょうか?

そこで、彼女の高校を調査したところ、「金沢辰巳丘高校」であることが判明したのです。

芸術コース音楽専攻の生徒を対象に、
本校卒業生である鶫 真衣さんをお迎えしての懇話会がありました。

※「金沢辰巳丘高校」より引用

上記の通り、鶫さんは「芸術コース」に在籍していたようです。

中学時代から声楽に興味を持ち始めた鶫さんは、当時から将来に対して明確なヴィジョンを描いていたことが窺えます。

ただ、彼女が自衛隊の声楽隊に興味を持ったのは大学院生時代だったと言います。

大学院時代に海上自衛隊 東京音楽隊の定期演奏会で
三宅由佳莉の歌唱に触れたこともあり、
自衛隊のボーカリストに応募。

2014年3月、
中央音楽隊所属の松永美智子とともに
陸自初の声楽要員として採用された

※Wikipediaより引用
(一部改変)

こうして自衛隊に入隊した鶫さんですが、彼女の経歴をたどると、歯科医院の受付をしていたことが分かりました。

このことについてスタッフのブログでは次のように綴られています。

また披露宴では、
理事長先生のお祝いの言葉や、
以前、上妻歯科医院受付スタッフとして働いていた鶫 真衣さんも東京から駆けつけてくださり、
you raise me upを歌い、
2人の門出をお祝いしました。

※「笑顔の絶えない人生をあなたに」より引用
(2014年2月26日投稿)

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする