【嫁画像】寺田ユースケの勘違いでHELPUSH中断!結婚や高校,大学が判明

こんにちは。KENです!

今回は寺田ユースケさんを取り上げます。

本名:寺田湧将

あなたは寺田ユースケという人物をご存知でしょうか?

2018年6月現在、HELPUSH(ヘルプッシュ)の実行者として活動しています。

このHELPUSHについて「with news」は次のように掲載しています。

――昨年(2017年)4月からは、
日本全国の道行く方々に

「車いす押してくれませんか?」

と声をかけて進む、
車いすヒッチハイクの旅を始めました。
 
「19歳の頃の一番落ち込んでいたときの自分が、
今こんなことをしていると知ったら驚くだろうな(笑)」

「身体が動かなくなる前に日本全国を訪れたい、
車イス押してもらって進んだら
たくさんの人と交流できて楽しい、
という思いが根底にあります」

「ヒッチハイクのきっかけは、
駅の階段で車いすを運ぶのを手伝ってほしいと駅員に相談したら、
管轄外だからと断られたこと。

それを友人に相談したら、
周りの人にお願いすればよかったじゃん
と言われました」

気軽に助けて(HELP)と言えて、
気軽に後押し(PUSH)できる社会になればと思い、
仲間たちと名付けたのが『HELPUSH』(ヘルプッシュ)です。

その思いも背負って、
ヒッチハイクの旅に出ました」

(2018年6月6日配信)

車椅子というハンデに絶望するどころか、彼は自身の逆境をバネにしてより良い社会の実現を目指して活動しているのです。

今回は「HELPUSH」で全国をヒッチハイクする寺田ユースケさんについて調べてみました!

スポンサーリンク

HELPUSHが白紙に!寺田ユースケの勘違いとは?

2017年4月からHELPUSHを行っている寺田さんですが、ネット上では「勘違い」という話題が持ち上がっていました。

一体、この「勘違い」とは何を意味しているのでしょうか?

そこで、この話題について調査したところ、寺田さんのTwitterより以下の事実が確認されたのです。

車イス寺田ユースケ‏
@HELPUSH_STORY

8月中旬スタート予定
東北の旅編からは、
車イスヒッチハイクの旅がバージョンアップ予定!

バリアフリーアプリと…!?

公式の発表はまだ先…!

PVのストーリー原案がラフラフで完成…!

面白くできたと思います…!

見せるのドキドキ!

(2017年8月2日ツイート)

車イス寺田ユースケ
@HELPUSH_STORY

勘違いをしていて白紙になっちゃいました!!

しかし折れません!!

もっかい頑張ります!!!

(2017年8月3日ツイート)

このツイートにあるように、寺田さんは自身の勘違いが原因でHELPUSHの企画が中断していたのです。

しかし、勘違いの内容は明かされていないため、彼が何をどう勘違いしたのかは現在でも分かっていません。

スポンサーリンク

寺田ユースケは結婚して嫁あり!名前は「まゆみ」※画像あり

寺田さんのプロフィールを調べていたところ、彼は既に結婚していることが分かりました。

肩書き募集中の車イスです。

元芸人・ホスト・ヒッチハイカー

と車イス生活を面白く!

※Twitterより引用

彼は奥さんを「めゆみ」と呼んでおり、2017年12月22日にプロポーズしたようです。

『一生車イスを押してください!』

2017年12月22日。

僕のプロポーズはこれでした。

めゆみは、

『はい。』

ってニコッて笑ってくれました。(嬉)

※「note」より引用
(2018年1月3日投稿)

めゆみさんの画像がこちらです。

婚約の時点では奥さんの素顔は公表されていませんでしたが、結婚後は素顔が明かされていました。

寺田さんは奥さんを「めゆみ」と呼んでいましたが、これは“あだ名”であり、本名「まゆみ」さんと言います。

今年2018年に入ってから、
まゆみさんと無事に入籍しました。

そして妻が代表(個人事業主)で、
僕が所属する「寺田ユースケ事務所」を設立しました。

※公式サイトより引用

寺田さんのFacebookには「園田真弓」さんと写る写真が多数投稿されているため、この女性が奥さんなのでしょう。

寺田ユースケの高校,大学はどこ?

寺田さんのFacebookが確認されたことで彼の学歴(高校、大学)も明らかになりました。

HELPUSH 実行者(代表)

出身校:
関西学院大学

私立 名古屋学院 名古屋高等学校に在学していました

EF Academy Oxford Campusに在学していました

東京都 杉並区 在住

愛知県 名古屋市 出身

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする