【病気で入院】大野裕司の年齢や高校はどこ?ココロオークション画像あり

こんにちは。KENです!

今回は大野裕司さんを取り上げます。

あなたは大野裕司という人物をご存知でしょうか?

2018年6月現在、彼はロックバンド「ココロオークション」ベーシストとして活躍しています。

ココロオークションが結成されたのは2011年の時。

大学時代の同級生4人で結成された同バンドの由来についてWikipediaでは次のように解説されています。

「自分たちの音楽を聴いてくれた人のココロの価値を高めていきたい」

“音楽で人の心を打つ”というコンセプトの下に活動を続けている彼らですが、ここに来て大野さんの入院が報じられ世間の注目を集めています。

このことについて2018年6月3日に配信された「音楽ナタリー」は次のように報じています。

ココロオークションの大野裕司(B)が緊急入院した。

バンドはオフィシャルサイトにて、
大野が昨日6月2日に体調不良を訴え入院したことを報告。

本日6月3日に出演する愛知・名古屋市栄地区でのサーキットイベント「SAKAE SP-RING 2018」では、
大野を除いた特別体制・ココロオークション CCR UNPLUGGED名義でライブを行う。

なお今後開催予定のライブについては、
追ってアナウンスされる。

体調不良で緊急入院した大野さんですが、具体的な病名や容態は明らかにされていません。

今回は病気で入院した「ココロオークション」のベース担当、大野裕司さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

ココロオークション大野裕司の年齢やプロフィール!

今回の緊急入院で世間の注目を集めている大野さんですが、そもそも彼はどんな人物なのでしょうか?

ココロオークションは2011年より活動を続けているものの、全国区の知名度はありません。

そのため、今回の一件で初めて彼らの存在を知ったという方も少なくないでしょう。

現在の時点ではメンバーの公式プロフィールも掲載されておらず、彼らの素性は体系化されていません。

ただ、年齢や出身地については以下の情報が得られています。

年齢

●お一人ずつ、
自己紹介をお願いします。

ちなみにリーダーは誰なんですか?

大野裕司:
リーダー僕です。

ココロオークションのベース大野裕司です。

25歳、男。

僕はこのバンドの中では一番助手席に座ってる時間が長いですね。

助手席番長です。

自ずとそういう立ち位置なのかなって思います。

出身地

●ああ(笑)。
皆さん出身はどちらでしたっけ?

井川:出身は全員奈良で。

※「TOTE」より引用
2014年10月3日掲載)

上記の通り、2014年10月時点で大野さんの年齢は25歳でした。

つまり、2018年6月現在では29歳前後ということになります。

また、出身地については奈良県であることが分かっていますが、これ以上の情報は得られませんでした。

スポンサーリンク

大野裕司の高校はどこ?

メンバー全員が奈良県出身であることが分かったココロオークションですが、彼らが出会ったのは大学に進学してからでした。

彼らは進学した関西大学の軽音楽部で知り合い、大野さんが声をかけたことでバンドが結成されます。

メンバーは粟子真行(vo,g)、
テンメイ(g)、
大野裕司(b)、
井川聡(ds)の4名。

関西大学 軽音楽部にて結成され、
2011年に本格的な活動をスタート。

※「TOWER RECORDS」より引用

高校までは個々に音楽活動を行っていた4人ですが、大野さんの出身高校は公表されておらず、有力な目撃情報さえもありませんでした。

ただ、彼は奈良県出身であるため、県内の高校に通っていた可能性は高いでしょう。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする