【結婚⇒嫁】本間朋晃の元彼女は華原朋美!ガラガラ声の原因は?

こんにちは。KENです!

今回は本間朋晃(ほんま ともあき)選手を取り上げます。

本間朋晃選手といえば、「新日本プロレス」に所属するプロレスラーとして活躍しています。

「みんなのこけし」「ザ・こけし」などの愛称で親しまれている本間選手ですが、ここに来て彼女と結婚していたことが明らかになり世間の注目を集めています。

このことについて2018年5月31日に配信された「東スポWeb」は次のように報じています。

中心性頚髄損傷から奇跡の復活を目指す人気プロレスラーの本間朋晃(41)が、
一般女性の千恵さん(41)と昨年(2017年)8月に結婚していたことを31日に公表した。

2人の出会いは2014年8月5日、
当時、千恵さんが住んでいた香川・高松での大会前夜のことだった。

街中で本間が

「明日プロレスですよね、
頑張ってください」

声をかけられたことを機に、
連絡先を交換し合い友人関係がスタート。

16年7月、
真剣交際に発展した。

(中略) 

一時は復帰が絶望的とまで言われた本間だったが、
千恵さんのサポートと、
必死のリハビリにより、
再びリングに立つ日も見えてきているという。

幸せを手に入れた“こけし”が、
今度はファンを幸せにするためにカムバックを目指す。

同紙が報じている通り、本間選手の結婚相手は一般人の千恵さんでした。

本間選手は怪我を負って入院していましたが、退院した直後の2017年8月5日に千恵さんと入籍したようです。

今回は2017年に結婚していたことが明らかになったプロレスラー、本間朋晃選手について調べてみました!

スポンサーリンク

本間朋晃の元彼女は華原朋美!ダブル二股していた?

一般人の千恵さんと結婚していたことが明らかになった本間選手ですが、実は、過去に“ある人物”と交際したことで世間の注目を集めたことがありました。

その人物というのが華原朋美さんです。

2人が交際に発展したのは2015年の時。

きっかけは同年7月13日に放送された「有吉ゼミ」でした。

同番組に出演した本間選手は、「19年間ファンだった」という華原さんに告白したのです。

この告白を彼女が受け入れたことで交際に発展した2人でしたが、その関係はその4ヶ月後の10月に破局を迎えています。

その理由が本間選手の二股でした。

なんと彼は華原さんと並行して別の女性と交際していたのです。

このことについて2015年10月13日に配信された「スポニチアネックス」は次のように報じています。

本間は7月に放送された日本テレビ「有吉ゼミ」で19年間ファンだったという華原に

「お友達からでいいので」

と交際を求めた。

関係者によると放送以降、
本間は毎日のように熱烈な求愛メールを送信。

華原の心も徐々に交際に傾いていた。

しかし夏ごろ、
本間をめぐり

「別の女性と交際トラブルになり
訴訟を起こされている」

という噂が上がった。

本間に近い関係者によると、
何らかの形で噂を聞いた華原に真相を尋ねられる形で、
本間は別の交際女性がいることを認めたという。

(中略)

本間をめぐっては、
さらに3、4人の女性とも同時に交際しているとの情報もある。

同紙が報じている通り、本間選手は女性関係を巡り、裁判沙汰に発展していたのです。

本間選手が女性トラブルを認めていることから、彼が華原さんに二股をかけていたことは事実と見ていいでしょう。

本間選手の裏切り行為で破局した華原さんですが、実は、華原さんも二股交際していたという情報が確認されています。

「華原は今、
まさにその『結婚につながるかもしれない』交際をしていますからね。

6月に放送された関西の番組で、
華原は一般人と交際中であることと、
年内に結婚したいという願望を語っています。

本間との関係は、
歌手とファンの域を出ないでしょう」
(週刊誌記者)

※「アサ芸プラス」より引用
(2015年7月19日配信)

これが事実だとすれば、本間さんと華原さんはダブル二股交際だったことになります。

スポンサーリンク

本間朋晃は声がガラガラ!原因はラリアット

「みんなのこけし」という愛称で親しまれている本間選手ですが、彼には「ハスキー本間」というニックネームもあります。

これは彼の声が「ガラガラ」であることに由来しています。

しかし、気になるのは声がかすれてしまった理由です。

そこで、しゃがれ声の原因を調査したところ、相手選手から受けたラリアットであることが分かったのです。

本間朋晃がガラガラ声なのは
誰かの攻撃を受けたのが理由ですか?

本間の声はものすごくガラガラ声ですが、
プロレスの試合で攻撃を受けて
喉仏が潰れたのが原因であると聞きました。

これはホントですか?
そうだとしたら誰にやられたのですか?

本間選手のブログで不動力也選手のラリアットで喉仏を潰されたと語っていました。

大日本時代は良い声でしたね。

それ以前に何度も喰らっていましたので
トドメが不動力也選手だったのかも知れません。

※「Yahoo!知恵袋」より引用
(2014年3月20日投稿)

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする