【病気で死去】小島武夫の年収は?孫,小島優もプロ麻雀

こんにちは。KENです!

今回は小島武夫さんを取り上げます。

あなたは小島武夫という人物をご存知でしょうか?

彼はプロ雀士として活躍しており、ファンの間では「ミスター麻雀」と呼ばれるほどの人気を誇っていました。

「日本プロ麻雀連盟」では初代会長や最高顧問を務めた小島さんですが、ここに来て突然の訃報が報じられ世間の注目を集めています。

彼の死去について2018年5月31日に配信された「AbemaTIMES」は次のように報じています。

プロ雀士として長年活躍し、
その魅力的な麻雀から多くのファンに支持された「ミスター麻雀」こと小島武夫さんが、
心不全のために5月28日に亡くなっていたことが分かった。

82歳だった。

5月31日に所属する日本プロ麻雀連盟が発表した。

小島さんは1936年2月11日、
福岡市博多区出身。

若くして麻雀の世界に飛び込むと、
阿佐田哲也、古川凱章らと「麻雀新撰組」を結成。

当時の人気深夜番組「11PM」の麻雀コーナーにも出演していた。

1981年に誕生した日本プロ麻雀連盟では初代会長に就任。

その後も対局番組で、
幻の役満「九蓮宝燈」をアガるなど、
その華々しい活躍ぶりから「ミスター麻雀」「小島先生」などと呼ばれていた。

長年出場していたモンドTVの麻雀対局番組は、
2016-2017シーズンをもって引退していた。

同紙が報じている通り、小島さんの死因は心不全でした。

今回は82歳で死去された「ミスター麻雀」こと小島武夫さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

病気で死去!小島武夫の年収はいくら?

ミスター麻雀としてファンに親しまれていた小島さんですが、気になるのはプロ雀士としての年収です。

彼ほど有名な雀士であれば、年収も相当な額だと予想されます。

そこで、小島さんの年収を調査したところ、3,000万円という情報が得られたのです。

今(2017年)から40年前に年収3000万円の時代に、
年1億円も銀座や六本木にばらまいたという。

当然ながら収支が合わないが、
なぜ可能だったか。

ツケである。

※「第8回
カネがなくても高級クラブで楽しむ
ー小島武夫に学ぶ」より引用
(2017年12月27日掲載)

この3,000万円という年収は1977年当時のものですが、この時は小島さんの全盛期だったようです。

現在の年収については公表されていなかったものの、2011年時点で最も稼いでいる人物として二階堂 亜樹さんの名前が挙がっていました。

バビィ:
ちょっと前に二階堂亜樹ちゃんが、
あるテレビの企画で年収を公表してたんですけど、
たしか1000万を楽々超えていたかな?

児嶋:
マジですか!
やっぱ現役の中では亜樹プロがトップなんですか

バビィ:
じゃないですかね~。たぶん

※「こじまーじゃん」より引用
(2011年11月11日掲載)

「1,000を楽々超えている」という表現は曖昧ですが、当時のトップが亜樹さんであることから、小島さんの年収は彼女よりも低いことは明らかです。

スポンサーリンク

小島武夫の孫(小島優)も麻雀士だった

人生の全てを麻雀に捧げた小島さんですが、その人生において彼は結婚と離婚を3度経験しています。

結婚は3度し、離婚も3度しています。

(中略)

26歳の時に子供ができ結婚。

2人の娘が生まれましたが、
27歳の時に嫁と子供2人を捨て
浮気相手と東京へ駆け落ち。

36歳の時にその駆け落ち相手との間に子供ができ結婚

息子が生まれて、
事情があり前妻との間にできた娘2人を引き取る。

しかし、
家庭にしばれれることを嫌い、
女遊びを繰り返します。

そして、
平成元年、
54歳の時に正式に離婚します。

老いてもまだ元気だったようで、
53歳の時に出会った女性と不倫関係になり、
その女性も既婚者だったようですが、
2人目の奥さんと離婚した年に結婚

しかし、
4年後に離婚

※「小島武夫 
ミスター麻雀の魅力的でろくでなしな生き方」より引用

3度の結婚と離婚を繰り返していた小島さんには、なんと10人の孫がいるようです。

そして、その1人はプロ麻雀士として活躍していました。

その人物の名前は「小島 優」さんと言い、彼女が22歳の時に初めて小島さんと対面したと言います。

女性関係に奔放であった小島さんは、優さんの母親(=自分の娘)とは何年も会っておらず、孫がいたことすら知らなかったと反省の弁を述べていました。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする