【キムタクの娘】工藤静香の劣化原因!長女:心美は桐朋高校?次女:光希の学校はどこ?子供画像

こんにちは。KENです!

今回は工藤静香さんを取り上げます。

工藤静香さんといえば、1980年代に一世を風靡した歌手として広く名前が知られています。

「嵐の素顔」などのヒット曲で知られる工藤さんですが、過去には「おニャン子クラブ」にも在籍していたことがあり、アイドルとして活動していた経歴の持ち主です。

また、私生活では木村拓哉さんと結婚しており、現在では2児(長女、次女)の母親となっています。

公私ともに順調な人生を歩んでいる彼女ですが、ここに来て次女の芸能デビューが報じられ世間の注目を集めています。

このことについて2018年5月28日に配信された「スポニチアネックス」は次のように報じています。

木村拓哉(45)工藤静香(48)夫妻の次女光希(みつき、15)がモデルデビューした。

28日発売のファッション誌「ELLE JAPON」7月号で、
いきなり表紙を飾っている。
 
モデル名は本名の読み方を変えた、コウキ

誌面では両親について一切触れていないものの、
おでこのラインから眉、目、鼻…と若い頃の父親そっくり。

顔立ちだけでなく、
カメラを見つめた時に醸し出す凜然(りんぜん)たる雰囲気までもが似ており、
衝撃的でさえある。

(中略) 

1メートル70の身長はまだまだ伸びており、
トップモデルを目指してウオーキングのレッスンのほか、
日英仏の3カ国語以外にスペイン語も勉強中。

(中略)

コウキは

「自分を信じて前へ進みたい。

それを教えてくれた両親は私の誇り」

と話しており、
放つ言葉のポテンシャルも親譲りだ。

同紙が報じている通り、光希さんは「コウキ」(Koki)の芸名で芸能活動を展開していく予定とのこと。

今回は、次女の芸能デビューが報じられた工藤静香さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

工藤静香の劣化の原因は何?画像あり

2018年5月現在、工藤さんは48歳

年齢にそぐわぬプロポーションを誇る彼女ですが、かねてより一部では「劣化した」などという声が上がっていました。

その一例として「Yahoo!知恵袋」では次のような声が寄せられています。

工藤静香の顔ですが、
アソコまで崩れた原因は、何ですか?

整形加工顔だと、

「ある時を境にして、
急激な劣化が起きる事がある」

と聞きます。

キムタックが居るのに、
不思議でなりません。

(2013年4月1日投稿)

女性の劣化

何が原因なのでしょうか?

20後半くらいから、
変なことになっていく人がいますが、
何なんですか?

タレントでいうなら、
鈴木亜美、工藤静香、加護亜依など

逆に、
井川遥、 深津絵里なんて、
年を重ねるにつれて、綺麗になっていきますがね。

(2014年9月23日投稿)

「劣化した芸能人」の代表格に挙げられている彼女の比較画像がこちらです。

2008年(38歳)

2016年(46歳)

この画像だけを見ると、46歳の方が若々しく見えます。

上記2枚の写真で判断すれば、「劣化」よりも「若返っている」という印象さえ受けます。

ただ、両者には「動画」「静画」という違いがあります。

実は、1枚目の画像は「HEY! HEY! HEY!」に出演した際のものであり、2枚目は「日刊ゲンダイDIGITAL」の記事に掲載されたものなのです。

一般的に素材を加工・編集する場合、動画よりも静画の方が簡単です。

そのため、グラビアアイドルの写真集などは、多くの場合においてフォトショップなどで肌荒れや体型が修正されているのです。

工藤さんの場合、2枚目の写真(静画)の方が若々しく見えますが、これは加工修正が施されているためだと思われます。

動画(修正なし)と静画(修正あり)の落差が大きいため、ネット上では「劣化した」という声が上がるようになったのではないでしょうか?

そのため、実際のところは「年相応」という表現が最適だと思われます。

スポンサーリンク

キムタクの娘(長女:心美)の学校はどこ?桐朋高校?

工藤さんと木村さんの間には2人の子供が生まれており、2人とも娘さんです。

次女の光希さんについては芸能デビューが決定しましたが、長女のデビューは未定です。

しかし、週刊誌によると、長女も相当な美人であるため、一部では芸能界入りも囁かれています。

ちなみに、長女の名前は「心美」(ここみ)さんといい、2018年5月現在では高校2年生になっています。

都内名門私立高校に入学して約2週間、
すっかり“アイドルJK”ぶりを発揮しているのは工藤静香(47)と、
木村拓哉(44)の長女心美ちゃん(15)だ。

容姿に加え、
中学までインターナショナルスクールに。

日本語、英語、フランス語の3カ国語堪能。

幼少期から習うフルート、
ピアノも相当の腕前といわれる。

※「女性自身」より引用
(2017年4月26日配信)

語学に加え、音楽の才能も併せ持つ心美さんの通う高校は、世界に名だたる音楽家を数多く輩出している名門校とのこと。

ただ、心美さんは一般人であるため、詳しい素性は公表されておらず、高校名は分かっていません。

しかし、一部では「桐朋女子高校」の名前が指摘されていました。

木村心美ちゃんが進学したのが、
桐朋女子高校 音楽科というのは本当ですか?

(2017年4月29日投稿)

桐朋女子高校 音楽科になっていますね。

メディアには内緒です。

※「Yahoo!知恵袋」より引用
(2017年5月5日投稿)

ただ、入学式の写真や同級生による目撃情報なども報告されていないため、参考程度に留めておくといいでしょう。

キムタクの娘(次女:光希)の学校はどこ?

2018年5月現在、光希さんは15歳。

光希さんの場合も通っている学校については公表されていませんが、冒頭の「スポニチアネックス」により、インターナショナルスクールに在籍していることが判明しています。

 
◆コウキ 
2003年(平15)2月5日生まれ、
東京都出身の15歳。

都内のインターナショナルスクール在学。

長女の心美さんも中学まではインターナショナルスクールに通っていたため、恐らくは姉妹ともに同じ学校に通っていたと思われます。

現在の時点で明らかになっていることは、光希さんの通うインターナショナルスクールが「東京都にある」ということのみです。

ただ、一部では「The British School in Tokyo」の可能性が浮上していました。

しかし、光希さんの目撃情報もないため、これを裏付ける確証はありません。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする