【埼玉県議が死去】神谷大輔の経歴や高校&大学!結婚や嫁,子供は?

こんにちは。KENです!

今回は神谷大輔さんを取り上げます。

2018年5月現在、神谷さんは埼玉県議の職に就いています。

もともとは衆議院議員の公設秘書を務めていた彼は、ほどなくして自身も政治家としての道を歩み始め、2007年には市議会議員選挙で初当選を果たします。

現在では県議として活動している神谷さんですが、ここに来て突然の訃報が報じられ世間の注目を集めています。

彼の死去について2018年5月19日に配信された「産経新聞」は次のように報じています。

自民党県議の神谷大輔氏が18日、
急性静脈瘤のため、死去した。

46歳。

(中略)

喪主は父、裕之(ひろゆき)氏。

神谷氏は元県議の裕之氏の後を継ぎ、
平成27年の県議選で南第21区(朝霞市)から出馬し初当選。

当選1回。

県議会事務局によると、
南第21区は2人区のため、
補選は実施されないという。

同紙が報じている通り、神谷さんの死因は「急性静脈瘤」でした。

今回は46歳という若さで死去された埼玉県議、神谷大輔さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

埼玉県議,神谷大輔が死去!高校や大学,経歴は?

46歳という若さで死去された神谷さんですが、そもそも彼はどんな人物だったのでしょうか?

彼が埼玉県議の職に就いたのは2015年。

現在では1期目ということもあり、神谷さんの存在はあまり知られていません。

そこで、彼の学歴および経歴を調査したところ、以下の情報が得られたのです。

学歴(高校、大学)

出身校: 東洋大学 経営学部 経営学科

日本大学付属 豊山高等学校に在学していました

※Facebookより引用

経歴

・(現)さいか幼稚園

・朝霞市立第5小学校卒業

・日本大学豊山中・高等学校卒業

・東洋大学 経営学部 卒業

元アパレル会社勤務

・元衆議院議員公設秘書

(中略)

・平成19年 市議会議員選挙初当選

・平成23年 市議会議員当選2期目

・平成27年 自民党埼玉政治学院5期生修了

・埼玉県議会議員選挙初当選

※公式サイトより引用

神谷さんの経歴にもあるように、政界に足を踏み入れる以前はアパレル会社に勤務していたようです。

スポンサーリンク

神谷大輔の結婚や嫁,子供は?

神谷さんの年齢(享年)を考えると結婚していても不思議ではありません。

ただ、冒頭でも触れた通り、喪主を務めるのは彼の父親です。

一般的に喪主を務めるのは故人に近い人間とされています。

もし、神谷さんが結婚していたとすれば、奥さんがこれに当たります。

しかし、父親が喪主を務めていることから、彼は独身未婚だったのでしょう。

本人のFacebookにも「独身」と記載されているため、奥さんや子供はいないことが分かります。

ただ、結婚歴については公表されていないため、過去に離婚歴があることも考えられます。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする