【医師免許は?】脇坂英理子の実家や現在は?結婚した元旦那は外科医!離婚歴あり

こんにちは。KENです!

今回は脇坂 英理子さんを取り上げます。

脇坂英理子さんといえば、かつて「セクシー女医」や「セレブ女医」の肩書きでタレントおよび医師として活動していました。

「経験した人は800人」「ホストクラブで1日900万円使う」など大胆不敵な発言でメディアを賑わせた彼女でしたが、2016年に詐欺罪で逮捕され、有罪判決を受けました。

また、逮捕された際の彼女は”すっぴん”だっため、テレビ出演時の姿とのギャップでも世間の注目を集めています。

逮捕をきっかけに表メディアから姿を消した脇坂さんは、どんな生活を送っているのでしょうか?

今回は2016年に詐欺罪で逮捕されたタレント女医、脇坂 英理子さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

現在はライターに!脇坂英理子は医師免許を剥奪された?

2016年に逮捕され、その後、有罪判決が下された脇坂さんですが、気になるのは医師免許の有無です。

逮捕直後から、世間では「医師免許は剥奪される」との声が続出していました。

しかし、実際のところ、彼女は医師免許を剥奪されていませんでした。

このことについて2016年10月10日に配信された「まいじつ」は次のように報じています。

厚生労働省は先ごろ、
詐欺罪で有罪判決を受けた医師でタレントの脇坂英理子(37)を、
3年間の業務停止とした。

脇坂は7月にすでに、
東京地裁で懲役3年執行猶予4年(求刑・懲役3年)の判決を言い渡されている。

これに合わせて厚労省も処分を発表した格好だ。

「世間一般から見れば、
非常に甘い処分もいいところでしょう。

ある程度は、
この結果が予想されていたのですが、
それにしても甘過ぎる。

なぜ、
やはり免許取り消しではないのか、
疑問が残ります」
(医学系専門誌ライター)

法廷の場にて脇坂さんは「医師として出直す」と反省の弁を述べていることから、業務停止期間が過ぎれば彼女は医師として医療の現場に復帰すると思われます。

世間一般の感覚からすれば、今回の業務停止という処分は甘いと思われます。

しかし、同誌の取材に応じた現役の医師によると、次のいずれかに該当しない限り、医師免許は剥奪されないと言います。

■〇傷事件
■〇いせつ事件

脇坂さんの逮捕容疑は詐欺であるため、上記のケースには該当しません。

世間の感覚からすれば、業務停止という処分は理解しがたいものがありますが、医師の世界では”順当”な処分ということなのでしょう。

ただし、いくら医師免許を保有していたとしても業務停止期間中は医療行為を行うことはできません。

そのため、2018年現在の彼女は「ライター」として生計を立てているようです。

そんな脇坂氏の現在を取材すると、
『クラウドワークス』というウェブサービスで、
記事執筆などを行うライターとして登録されていることがわかった。

(中略)

脇坂氏本人に話を聞こうとコンタクトをとると代理人の男性が取材に応じ、
脇坂氏が同サイトでライターとして登録していることを認めた。

そして、
今後の芸能活動については

「社会貢献や人様の役に立てる企画やご依頼をいただけるのであれば、
前向きに検討させていただきたい」

と回答した。

※「週刊女性PRIME」より引用
(2017年7月23日配信)

現在でこそライターを中心に活動している脇坂さんですが、彼女の言動からも分かるように、いずれは芸能界への復帰も視野に入れているようです。

スポンサーリンク

脇坂英理子の実家は金持ち?

「ホストクラブで1日900万円使う」などのセレブ発言で金持ちキャラが定着している脇坂さんですが、彼女の実家は本当に名家なのでしょうか?

そこで、彼女の実家について調査したところ、“元華族”という情報が得られたのです。

その時にいろいろ調べたのですが、
実は、
脇坂容疑者は大変な名家のお嬢様

父方の先祖は豊臣秀吉の家臣として活躍した武将の脇坂安治で、
徳川幕府では脇坂家はたびたび老中を努めています。

明治維新のあとは「子爵」に叙された華族なのです。

本人も

「祖父の代まではお城に住んでいたそうです」

「両親からは厳しくしつけられた」

「そのせいか割と保守的な性格で、
ピアスを開けるのに10年ほど悩みました」

と話しています。

(中略)

小学校から高校まで名門・東洋英和女学院、
大学は東京女子医大と、
お嬢様らしい経歴の脇坂容疑者。

いったいどこで踏み外してしまったのでしょうか?

※「女子SPA!」より引用
(2016年3月9日配信)

これが事実だとすれば、彼女の実家は正真正銘のセレブということになります。

しかし、上記の内容は全て脇坂さん本人の“自称”であり、根拠はありませんでした。

その一例として、「脇坂安治」の末裔が彼女との関係を完全に否定する声明を発表していたのです。

(※追記:3月10日、
脇坂安治の末裔=16代当主が、
経営する会社のHPで

「脇坂英理子容疑者と、
弊社社長・脇坂とは一切関係ございません」

と声明を発表。

脇坂容疑者は、
今まで複数のメディアで大名・脇坂家の出だと自称していた)

※同上より引用

この声明文により、少なくとも彼女が名家「脇坂家」の生まれではないことが明らかになりました。

そうなると、彼女の生い立ちや経歴も疑問視せざるを得ません。

ただ、脇坂さんが医師免許を取得したことや、お嬢様学校に通っていたことから、一般的な家庭と比べて彼女の実家が裕福であったことは事実でしょう。

脇坂英理子に離婚歴あり!結婚した元旦那は外科医

セクシー女医やセレブ女医として数々のメディアに出演していた彼女には離婚歴があります。

タレントとして活動していた際には自身の結婚歴を公表していなかったものの、詐欺容疑で逮捕されたことでその事実が明るみに出ました。

実は、脇坂さんの母親が出廷した際に娘の離婚歴について語ったのです。

彼女の結婚および離婚について先の「女子SPA!」は次のように報じています。

彼女は26歳のとき、

「見た目も家柄も性格も良い、周りからみると完璧な」外科医と結婚しましたが、
別居1年を経て31歳で離婚

結婚した当時の年齢から、脇坂さんは2005年頃に外科医の男性と結婚したことが分かります。

その後、1年間の別居を期間を経て31歳(2011年)の時に旦那さんと離婚。

元夫は一般人ということもあり、詳しい素性(名前、年齢、顔写真)は全て不明です。

また、子供については一切言及がないことから、2人の間に子供はいなかったのでしょう。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする