【結婚⇒嫁】現在の木野正人はダンススクール教師!西尾拓美は韓国人?画像あり

こんにちは。KENです!

今回は木野正人さんを取り上げます。

木野正人さんといえば、アイドルグループ「CHA-CHA」元メンバーとして広く名前が知られています。

CHA-CHAが活動していたのは1988年~1992年までの5年間。

現在ではタレントとして活動している勝俣州和(かつまた くにかず)さんも同グループ出身であり、当時はSMAP並みの人気を誇っていました。

■勝俣州和

しかし、解散直前に木野さんはグループを脱退し、現在では一般人として生活しています。

一般人として第2の人生を送っている彼は、かつてほどメディアの話題には上りません。

ところが、ここに来て結婚していたことが報じられ世間の注目を集めています。

このことについて2018年5月15日に配信された「NEWSポストセブン」は次のように報じています。

元CHA-CHAのメンバーで、
田原俊彦『抱きしめてTONIGHT』のバックダンサーとしても活躍したダンスパフォーマー兼振付師の木野正人(49)が5月4日、一般女性(46)と入籍した。

13日にはファンクラブを通じて、
ファンに報告。

49歳で初婚となる木野に心境を聞いた。

「彼女は、
専門学校生と高校1年生の2人の子持ちです。

8年前(2010年)に離婚して、
それから女手一つで育ててきました。

今回、
2人が進学するタイミングに合わせて、
4月から僕の故郷の静岡で両親も含めた6人で暮らしています

もともとの出会いは、
木野がアメリカへのダンス留学から帰国した1993年だった。

「当時は集団で2~3回会った程度で、
2人で会うことはありませんでした。

感じの良い女性だなとは思っていましたが、
彼女には付き合っている男性がいましたし、
アプローチすることはなかった。

その後、
彼女が結婚したという噂は聞いていましたが、
特にすれ違うこともなかった」

上記の通り、木野さんの結婚相手は一般人の女性でした。

もともと面識を持っていた2人でしたが、当時は彼女に交際相手がいたため、木野さんがアプローチをかけることはありませんでした。

しかし、その後、風の噂で彼女の離婚を知り、やがて交際へと発展したのです。

そして、2人の関係を繋いだのがCHA-CHAの元メンバーである西尾拓美さんでした。

離れていた縁を結んだのは、
東京・広尾の飲食店『韓屋』で店長を務める元CHA-CHAの西尾拓美さん(50)だった。

「4年前の2014年、
彼女が拓美の店に行った時、
僕の話になったらしいんですね。

その直後、
拓美の店で僕がファンクラブイベントをした時、

『このまえ、あのコが店に来たよ』

と拓美が教えてくれたんです。

その時に離婚していたことも知った。

拓美を通じて連絡先を教えたら、
僕の誕生日に電話をくれたんです」
 
程なくして交際が始まり、
今回の結婚に至った。

「物事に対する感じ方が近い。

たとえば、
飲食店で食事をしていて、

『店員さんのあの気遣いが嬉しかったね』

というような有難いと思える気持ちが同じでした」

再婚は子供にとっても、
母親にとってもセンシティブな問題だろう。

「子供がどう受け止めてくれるか、
最も考えました。

でも、
彼女が結婚すると言ったら、
子供たちはすぐ

『おめでとう!』

と祝福してくれた。

最近は時間が合えば、
車で部活の送り迎えもしています。

『明日朝早く行かなきゃいけないから
送って行ってくれない?』

と本人が直接、
聞いてくれるのですごく嬉しいです。
 
彼女を大事にすることは子供を大事にすることですし、
子供を大事にすることは彼女を大事にすること。

結婚は、
彼女や子供の歴史とも結婚するということ。

しっかり責任を持って一緒に暮らしていきたいです」

奥さんの子供たちは木野さんとの再婚を歓迎しており、彼を実の父親のように慕っています。

ただ、奥さんは一般人であるため、名前や顔写真は一切公表されていませんでした。

今回は結婚を発表したCHA-CHAの元メンバー、木野正人さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

結婚した木野正人の現在はダンススクール教師!

かねてからの知り合いと結婚した木野さんですが、現在はどんな生活を送っているのでしょうか?

冒頭でも触れた通り、彼はCHA-CHAを脱退しています。

その理由がメンバーとの温度差でした。

しかし、
ダンスを極めたいと考えている自らの考えと
バラエティー色の強い仕事が多いCHA-CHAでの活動に温度差を感じ、
苦悩した時期でもある。

※Wikipediaより引用

その後、彼はグループを脱退し、単身でアメリカに渡ってダンスを勉強。

そして、帰国後は自らのダンススクールを開講し、後進の育成に注力しています。

当初、ダンススクールは阿佐ヶ谷に開講していましたが、その後、下北沢に移ったという情報が確認されています。

元CHACHAの木野正人さんのダンス教室に行ってきました。

ダンス教室は去年1回行っているので、
2回目なのですが、
場所が変わっているので、
連れていってもらいました。

以前は阿佐ヶ谷だったんですけど、
今は下北沢なんですよね。

※ブログ「ひとりごと」より引用

また、子供向けのダンススクールについては「自由が丘」で開催されていました。

自由が丘の体験学習施設「ABI-STA(アビスタ)@玉川聖学院(以下、ABI-STA)」は
2017年7月16日(日)に、
元CHA-CHAでダンスアーティスト&コレオグラファーの木野正人さんによるダンスレッスン体験イベントを開催します。

※Facebookより引用

阿佐ヶ谷だけではなく下北沢や自由が丘でダンス教室を開催していることから、彼のダンススクールは開催場所が固定されていないのかもしれません。

スポンサーリンク

現在の西尾拓美は料理店の店長!韓国人の噂は店が原因?

木野さんと奥さんの縁を紡いだ西尾さんですが、現在では「韓屋」(ハノク)という飲食店の店長をしています。

西尾さんが同店に入店したのは2006年の時。

その後、わずか2年で店長となり、2008年から店の経営を任されているのです。

このことについて2014年8月4日に配信された「日刊ゲンダイDIGITAL」は次のように報じています。

「この店は11年前(2003年)にオープンし、
ボクは8年前(2006年)に入社しました。

6年前(2008年)から店長をやらせていただいています」

(中略)

「手作り料理がモットーで、
“韓国料理の味の目安”といわれるキムチは仕込みから漬け込みまでボクの担当です。

評判が良く、
キムチだけお買い求めに来店される常連さまもいらっしゃいます。

人気はピリ辛モツ鍋(1480円~)とブデチゲ(1700円~)でしょうか。

暑い時こそ熱い鍋がいいんです! 
ハハハ」

韓国料理店の店長を務めているためか、一部では西尾さんに「韓国人」説が浮上していますが、それを裏付ける確証は存在しません。

恐らく、「韓国料理店の店長=韓国人」という安易な発想が原因だと思われます。

そのため、この疑惑は事実無根と判断していいでしょう。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする