【太った理由】富田望生の痩せてる画像あり!乃木坂と共演

こんにちは。KENです!

今回は富田望生(とみた みう)さんを取り上げます。

あなたは富田望生という人物をご存知でしょうか?

2018年5月現在、彼女は「ジャパン・ミュージックエンターテインメント」に所属する女優として活躍しています。

彼女が女優デビューを果たしたのは2015年の時。

同年3月に公開された映画「ソロモンの偽証」に出演したことで富田さんの女優キャリアはスタートしました。

本作では主要キャストの1人である“浅井松子”役を演じ、「ぽっちゃり女優」として大きく知名度を上げました。

キャリアこそ浅いものの、富田さんは今後の活躍が期待されている女優の1人です。

今回は「ぽっちゃり女優」として人気急上昇中の若手女優、富田望生さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

富田望生の痩せてる頃がかわいい!太った理由は?画像あり

現在でこそ「ぽっちゃり女優」として認知されつつある富田さんですが、芸能界に入る前から太っていたわけではありません。

実は、素人時代の彼女は現在よりも15kgほど痩せていたのです。

痩せていた頃の画像がこちらです。

画像の通り、彼女は2か月間をかけて15kgも増量していたのです。

しかし、一体なぜ、富田さんは太ってしまったのでしょうか?

それには、並々ならぬ女優魂が関係していました。

実は、富田さんは“役作り”のためにわざと太っていたのです。

彼女が太るきっかけとなったのは、自身のデビュー作でもある「ソロモンの偽証」でした。

同作では”浅井松子”役を演じた彼女ですが、このキャラが“太っている”という設定だったのです。

そのため、オーディションでこの役を勝ち取った彼女は、女優としてキャラを演じ切るために体重を増加させたのです。

このことについて2018年1月2日に配信された「デイリー新潮」は次のように報じています。

しかし、
合格してからが大変だった。

監督に

「あと20キロ太ってください」

と指示されたからだ。

とにかく食べました。

それしかなかったです。

撮影中でも様々な食事が用意されていて、
監督が役名で

『松子、食え』

って命令するんです(笑)。

親戚が福島でお米屋さんを経営していて、
東京でも地元の美味しいお米は食べられていました。

母も一生懸命、
料理を作ってくれたんです。

特に野菜の煮物が大好きですね。

そして最後は、
お餅と団子が太ることを学びました。

特に夜、
寝る前に食べると確実に太ります。

それでも20キロは無理でした。

最終的には15キロのプラスで終わったんです」

こうして逆ダイエットを敢行したものの、20kgの増量は達成できず、15kg増で撮影に臨んだというわけです。

一般的にスリムな体型を維持する方が難しいというイメージがありますが、彼女の場合は全く逆でした。

10代ということもあり、新陳代謝が活発であるがゆえ、食生活を以前の水準に戻すとすぐに体重が落ちてしまったのです。

「16年頃に、
少し仕事に恵まれない時期があったんです。

『体重を維持するために食べ続けるのは体に悪いかも』

と反省して、
普通の食生活に戻しました。

すると、
すぐに7キロから10キロは落ちてしまったんです。

新しい役を頂いて慌てて太り直したりして、
やっぱり大変ですね。

服のサイズは変わりすぎて、
もうバラバラです」

※同上より引用

「ぽっちゃり女優」として名を馳せた富田さんですが、そのキャッチコピーは彼女の不断の努力によって得られたものだったのです。

ただ、彼女の努力を知らない人間は「太っているから注目された」と誤解している人間もいます。

しかし、富田さんの言動を振り返れば、それが全くの見当違いであることは容易に分かります。

スポンサーリンク

富田望生と乃木坂の関係とは?

現在の容姿も「愛嬌があってかわいい」と評判の富田さんですが、痩せている頃の彼女も「アイドル並みにかわいい」という声が上がっています。

しかし、彼女は演技に重きを置いているため、今後も女優一筋で活動していくことでしょう。

ただ、ネット上では彼女と「乃木坂46」との関係が取り沙汰されています。

もちろん、彼女が乃木坂に在籍していた事実はありません。

両者の話題が持ち上がっているのは過去に競演したことがあるからです。

両者は映画「あさひなぐ」(2017年)で共演しており、同作の主演を務めたのが西野七瀬さんでした。

■西野七瀬

また、この作品には桜井玲香さんや白石麻衣さん、生田絵梨花さんなどが出演しており、乃木坂の顔がそろい踏みだったのです。

撮影中もお互いにジャレつくなど、仲睦まじい様子を見せており、富田さんがまるで乃木坂の一員であるかのような雰囲気でした。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする