【女一覧】和歌山の野崎幸助が結婚した嫁はモデル!Wikiや子供は?

こんにちは。KENです!

今回は野崎幸助氏を取り上げます。

あなたは野崎幸助という人物をご存知でしょうか?

2018年2月現在、彼は酒類の販売や不動産事業を展開する実業家として活躍しています。

地元・和歌山県では「平成のドン・ファン」と呼ばれ、破天荒な私生活で大きな注目を集めています。

というのも、彼は現在までに交際した女性の人数が4,000人を超えているのです。

年収は「億越え」と明かす彼の現在の年齢は76歳。

そんな彼が女性を落とすための秘訣は「お金」でした。

自身のナンパテクニックについて野崎氏は次のように語っています。

クラブ通いや仕事のために、
私はしょっちゅう関空—東京間を飛行機で移動している。

その機内では必ずCA(キャビンアテンダント)に声をかけています。

私は顔がいいわけでもないですし、
身長も高くない。

だから、
最初はCAをナンパするのも苦労しました。

「今度食事に行きましょう」

と名刺をわたしても、
愛想笑いをされてゴミ箱行き。

誰も返事はくれなかった。

(中略)

編み出したのは、
名刺と一緒に、
折り畳んだ数枚の1万円札をわたすという方法です。

初めて試したのは、
忘れもしない東京—伊丹間の機内で出会った涼子さん(仮名)。

優しい笑顔とチャーミングな胸が素敵な女性でした。

お札を入れられるポチ袋型の特注名刺をわたし、
飛行機を降りて大阪市内のホテルで休んでいたら、
電話が鳴りました。

「名刺を見て驚きました」

と鈴が鳴るような可憐な声で語る涼子さん。

私は逸る気持ちを抑えて、

「機内で素晴らしいサービスをしてくれたお礼です。

もしよかったら、
改めてお礼がしたいので、
今から食事をしませんか」

と誘いました。

もちろん全員ではありませんが、
このナンパ法ならかなりの人数が連絡をくれます。

野球でいえば首位打者になれるくらいの打率ですね。

※「週刊現代」より引用
(2016年5月4日配信)

野崎氏本人曰く、「美人と付き合うために金持ちになった」とのこと。

つまり、彼にとって社会的地位や年収、名誉は女性を口説くためのツールに過ぎないということです。

現在までに4,000人以上の女性と交際した野崎氏ですが、ここに来て結婚したことが明らかとなりました。

彼の結婚を報じたのは「フライデー」(2018年2月16日発売)でした。

このことについて「雑誌の速報」では次のように掲載されています。

紀州のドン・ファンが55歳下のモデル電撃結婚
-あの大富豪に春が来た
  
◆和歌山県田辺市在住・野崎幸助

この中で報じられているように、野崎氏の結婚相手はモデルのようです。

彼の年齢が76歳であることを踏まえると、奥さんの年齢は21歳ということになります。

ただ、現在の時点では結婚相手の名前や顔写真は掲載されておらず不明です。

しかし、奥さんが一般人ではなくモデルであるため、フライデーには結婚相手の素性が掲載される可能性があります。

今回は55歳の年齢差で結婚した和歌山県の実業家、野崎幸助氏について調べてみました!

スポンサーリンク

和歌山の実業家,野崎幸助のWiki/経歴

和歌山県で実業を営む野崎氏ですが、世間一般的に彼の存在は認知されていません。

そのため、現在の時点では本人のWikipediaも作成されていないのです。

しかし、著書の中で自身の経歴が次のように掲載されていました。

著者等紹介
野崎幸助[ノザキコウスケ]

1941(昭和16)年、
和歌山県田辺市生まれ。

酒類販売業、
不動産業などを営む実業家。

地元の中学を卒業後、
鉄屑拾い
訪問販売員
金融業など様々な商売を手掛け、
裸一貫で億単位の財を成す。

この中で掲載されているように、野崎氏は様々なビジネスに手掛けていたようです。

その中のひとつに「コ〇ドーム」の訪問販売というものがあります。

彼にとって、これが最初に展開したビジネスだったわけですが、この事業は地獄の日々だったと言います。

その理由について野崎氏は次のように述懐しています。

でも今でこそ年収は億を軽く超えるようになりましたが、
もともと私は戦前の貧乏な家庭に生まれ育ちました。

鉄くず拾いで日銭を稼ぎながら、
思いついた商売は「コン〇ームの訪問販売」

一軒一軒家を周り、

「コ〇ドームは要りませんか」

と尋ね歩きました。

当然追い返されることもありましたが、
時には

「商品の効果を教えてくれますか」

と奥さんに「実演販売」を求められることもありました。

求めてくる客のほとんどは私のタイプでない年配の女性でしたが、
そこは商売。

懸命に「実演」にはげみ、
そのおかげか売り上げは割と伸びていきました。

※「週刊現代」より引用
(2017年2月1日配信)

なんと彼は年上の女性を相手に実演販売をしていたのです。

これが「地獄」と表現した理由だったというわけです。

しかし、彼は「若い女性と付き合う」という執念でこれをやって退けました。

スポンサーリンク

モデルと結婚した野崎幸助に子供はいる?離婚歴や女一覧について

今回のフライデーでモデルと結婚したことが明らかになった野崎氏ですが、実は、これが初婚ではありません

4,000人以上の女性と交際してきた彼だけに、既に結婚も経験していたのです。

野崎氏は過去に2度の結婚を経験しているため、今回の結婚は3度目ということになります。

しかし、気がかりなのは子供の存在です。

果たして、野崎氏に子供はいるのでしょうか?

そこで、子供の存在を調査したところ、これまでに子供を授かったことはないことが判明したのです。

このことについて先の週刊現代では次のように掲載されています。

私は75歳のバツ2

子どももいない「種なしスイカ」で、
独身生活を愛犬の「イブ」と一緒に謳歌しております。

これまで子供に恵まれたことのない野崎氏ですが、彼の体力を考えれば今からでも子供を授かることは容易でしょう。

ちなみに、彼の女性遍歴には当然のことながら有名人も含まれていたと言います。

そのため、ネット上では野崎氏の「女一覧」にも注目が集まっています。

しかし、彼が公言しているのは「有名人との交際歴」だけであり、具体的な人物名については明言を避けています。

ただ、上記の週刊現代のインタビュー時には「美紀」というモデルと交際していたことを告白しています。

年末は恋人の美紀ちゃんと一緒に年を越しました。

美紀ちゃんは昨年(2016年)秋に私が銀座でナンパした元モデルの美女。

身長は170cmと、
私より10cm以上も高く、
20代半ばで私好みのボン・キュッ・ボンのダイナマイトバディですが、
心優しい大和撫子です。

美女を見れば声を掛けたくなるのが私の性分で

「ヘイ、ハッピー・オーラ、
ハッピー・エレガント、
ハッピー・ナイスバディ。

私とお付き合いしませんか、
食事しませんか」

と声をかけ、名刺を渡すのです。

「付き合ってくれたら30万円のお小遣いもお渡しします」

と加えると、
意外と受け取ってもらえるものです。

相手にされなくてもめげません。

「まさか」があるのが人生で、
美紀ちゃんもその「まさか」の一人です。

美紀ちゃんには年の瀬に羽田から私の住む南紀白浜に飛んでもらい、
自宅で吉兆の特製のおせち料理や、
勝浦の有名ホテルのお重に二人で舌鼓を打ちました。

野崎氏の女性遍歴の中に美紀さんが含まれていることは言わずもがなですが、この女性はモデルであるため、2018年現在では既に芸能界から引退していると思われます。

また、美紀という名前が芸名であるか本名であるか不明なため、問題の人物を特定するまでには至っていません。

ただ、大金を積んで女性と交際するというスタンスを貫いている野崎氏だけに、もし現役の有名人と交際していたことがあるとしても相手方の名前は明かせないでしょう。

野崎幸助と交際していたモデルが逮捕されていた

野崎氏が交際した「女一覧」については詳細が公表されていませんが、過去には“ある女性”との交際が大きく取り沙汰されたことがあります。

その女性の名前は宮原真理と言い、”自称”モデルとして活動していました。

一体なぜ、宮原真理の存在が話題となったのでしょうか?

実は、宮原は当時交際していた野崎氏の自宅から6,000万円相当の金品を窃盗したとして逮捕されていたのです。

このことについて2016年3月13日に配信された「アサ芸プラス」は次のように報じています。

大富豪の自宅から約6000万円の金品を盗みだした疑いで逮捕されたのは宮原真理容疑者(27)。

ふだんは「フリーモデル」を自称していたが、
事件発覚によって驚愕の私生活が明るみに出た。

全国各地に“パパ”と呼ぶ男性がいました。

新宿に賃貸マンションを借りていましたが、
月の半分は“出張”で留守にして、
地方に遠征しては1回に30万円くらいもらっていたようです。

田舎はそういうサービスが少ないからニーズがあるんだと語っていました」
 
宮原容疑者の知人がこう明かすように、
本業はモデルではなく、
フリーの「高級デ〇ヘル嬢」だった。
 
まずは事件を振り返りたい。

窃盗の被害にあったのは、
和歌山県田辺市に住む70代の会社経営者A氏。

「昨年(2015年)1月に、
A氏が宮原容疑者を自宅に残したまま外出。

戻るとそこに彼女の姿はなく、
ボストンバッグに入れておいた現金600万円と5400万円相当の貴金属類がなくなっていた。

防犯カメラに金品を持ち出す際の姿が映っており、
2月22日に逮捕されました」
(社会部記者)
 
取り調べに対し、宮原容疑者は、

「持って行っていいと言われたから持ち出した」

と、
容疑を否認している。

同誌が報じている通り、逮捕された宮原の正体はモデルというよりもデ〇ヘル嬢だったのです。

また、彼女の知人が「全国のパパがいた」と証言していることから、厳密には野崎氏と交際していたというわけではないようです。

なお、同誌の中では野崎氏の実名は掲載されていませんが、後のインタビューにおいて彼は顔出しで取材に応じています。

この事件以前までは全く知名度のなかった野崎氏でしたが、宮原との関係が取り沙汰されたことで時の人となったのです。

野崎幸助の結婚相手はモデルのS

※2018年2月20日追記
同日に配信された「現代ビジネス」により、野崎氏と結婚相手の馴れ初めが報じられました。

2人の結婚について同誌は次のように報じています。

昨年(2017年)秋に羽田空港で転んだ私を優しく助けてくれたのがファッションモデルSちゃんでありました。

もちろん計算ずくの転倒でありまして
コケるのも歳の甲、亀の甲であります。

「ありがとうねえ。
お礼にお食事でもいかがですか?」 

後日Sちゃんを一流料亭で歓待したのもいつものルーティンワークであります。

パッと見には派手な顔立ちのべっぴんさんですが、
キャピキャピの騒がしい娘ではなく憂いを帯びた口数の少ないお淑やかな美女です。

都内で暮らす彼女はファッションモデルとして海外も飛び回っているので
なかなか会うチャンスはありませんでしたが、
東京や京都、
和歌山でもデートを繰り返しました。

「キミと結婚できなかったら
ボクはここから飛び降りますよ」

京都では清水寺の舞台から飛び降りる仕草も見せたのですが
Sちゃんはお口ぽかんでありました。

やはり年齢差のギャップというものはあります。

しかし、です。

念ずれば叶う……。

これなんか私のために作られた言葉のようです。

同誌が報じている通り、野崎さんとSさんは2017年秋に出会っていました。

つまり、2人は出会ってから半年も経たずに結婚したことになります。

奥さんはモデルとして活躍しているとのことですが、同誌に掲載された写真では顔にモザイクがかけられており、素顔が不明です。

「モデル」でありながら素顔を公表していないため、Sさんの肩書もどこまで信ぴょう性があるのか疑問です。

野崎幸助の嫁,さっちゃんの本名は須藤早貴※顔写真あり

※2018年6月7日追記

野崎さんと結婚した当時から素性が公表されていなかった奥さんですが、ここに来て本名が「須藤早貴」であることが明らかになりました。

早貴さんの顔写真がこちらです。

フライデーは早貴さんをモデルと表現していましたが、デイリー新潮の取材により、セクシー女優だった事実も判明しています。

早貴さんについてはこちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます!
少しでもあなたのお役に立てる情報があればこれほど嬉しいことはありません。
次回のご訪問を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする